読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



嫁さんの凄いところ

最近、ネガティブな話題しかないので、気分転換。

嫁さんが普通にできて、私に真似ができなく、ちょっと納得いかないところ(笑)

正にASDが苦手な並列処理!
取り溜めた主にドラマTV録画を再生しつつ、手元ではノートPCをいじってるところ。
観察していると、音声・会話の内容中心で再生進行。視線はデフォルトでPC画面。
聞き取れないところ、追えなかったところ「など」にくると、ビデオリモコンの10秒戻しボタンを使って再々生。
展開が理解できないところは3回戻ったりしてますが、伏線が張られた部分までかなり遡って戻ることはありません。

で、私から言わせればTVなんで映像による情報があるのに半分も入っていないこと。後でキーとなる重要な描写が(無音のときもあり)あって、見逃していること。この件は、どうなるんだろうって逆に口出ししません。以前、重要な描写があったよって指摘してうるさがられたこともありますので(汗)

私は、ドラマは嫌いじゃないんですが、見入ってしまうので他のことがすべて中断してしまうこと。次回、最終話が気になってしまうので、かなり興味のあるものしか見ません。
といっても、嫁さんのネットで見つけてくる前情報とかで面白そうなヒューマンドラマ系ですね。原作が有ったり無かったり、え?これで終わっちゃうの?みたいな。

嫁さんとしては、まずは録画したものの消化。予約で撮ってあって2,3話で面白くないものは予約キャンセル&消去!
TVドラマは大多数に理解できる脚本や演出になっているようで、少々の情報が欠落しても流れが把握できて、さらに先の展開や最後のオチが予測できるそう。さっきの画面描写の件も。
付き合い出して結婚、いろいろ転職の地でも常に図書館の本が10冊は部屋にありました。
読み返さないので、新作が出ても図書館に新刊を要請。
映画とかになるとしっかり見ますね。

私が見入っていて、嫁さんが並列作業している状態で、私にも展開に疑問点が。
さすが把握しているようで、面倒くさそうではありますが私に説明してくれます。

内容の面白い・面白くなかったの上に役者さんについて、上手・下手と配役ミスまで指摘したり。
だから、有名な役者やタレントのドラマより、視聴率が3,4番目の低空飛行なものが多いです。
内容重視なんですね。

映画なんかも、DVDや録画したもので見ることが多いんですが、さすがに映画のときは途中の話しかけはダメですね。終わってから質問攻めです。ドラマとかあまりにもややこしすぎると次ぎ見なくなるので、「簡単な」次回どうなるんだろう感でつないでいるようです。次回予告は嫁さんもちゃんと見ます。
腑に落ちない終わり方のものや(私的に)中途半端に終わるもの、つまり各視聴者のご想像にお任せします系は嫁さんもその先は追及しないで、ああ終わったかぁと涼しい顔。「???」で私のほうが熱くなってネットで調べて議論になっているのを探したり(笑)ASDとか言うより、解なしを好まない理系の特性かもです。

最初に、嫁さんが巻き戻すところが、え?なんでそこを見返すの?っていうところもあるので「など」にしました。思考回路や沢山本を読んできた記憶回路が私の脳と全く違うんでしょうね。

そうそう、製作者側の意図なのか、嫁さんの勘なのかわかりませんが、結構重要な無音になるとその長短にかかわらず視線がTVに行きます。何かを一瞬感じ取るのでしょう。
まあ、並列処理系は女性のほうが得意という一般論もあるくらいですが、正月に帰ったときに凄いなと改めて思った次第です。

 

ちょっと調子が悪いです

悪いことばかり記事にすると、心配されるのですが、基本考えがネガティブなんで書きやすいです(汗)
・ここ1週間パニック障害(PD)気味の不安症状
・良くも悪くも慣れたもので、あの怖ろしい「予期不安」を制御できる
・うつ状態に移行するほどひどくはない
・仕事は(かなり)遅れ気味だが、上司フォローで妙なプレッシャーはない
・進捗にすると進んでないように見えるがサボっているわけではない
 自分には不得意な制御部分、状態遷移、シーケンサの部分がネック
 得意分野の算術アルゴリズムは、もはやツールに組込まれ出る幕がない
・SNRIの1.5倍服用で推移、あまり改善がみられない
・原因となる不安要素に心当たりがない訳でもない
 (ちょっとはあるということ)

様子を見て、単なる一時的な精神的スランプ状態で早く抜け出せると良いんですが…

今年もASD&(技術者|夫|親)をよろしくお願い致します

滞りがちですね。

今年もよろしくです。

まずは、年末最終日のこと。

昨年12月28日はバタバタでした。最初、常駐先から都内の大きなバスターミナル駅まで直で電車で行ってから深夜バスで帰る予定でした。

2週間ほど開発が遅れている自分の担当箇所の回路構想の提案がうまくできないまま16:00に常駐先を後にしました。

本社で参加必須の納会があることは寸前で知らされ、そちらへ移動。18:00から開始。19:30に途中でお暇させていただきました。

実は、通っている歯科に27日に前歯5連の仮歯が取れそうなので補強しに行ったら28日昼に5連ブリッジ差し歯が出来上がるとのこと。1/8にその差し歯を装着する予約になってましたが、あまりの仮歯の不安定さで28日の21時最終受付なのでなんとか来れないかとのことで20:00に割込み予約。

今のアパートの近くの駅近の歯科へ20:00到着。そこから歯の大工事が約120分。歯肉が腫れて差し歯が入らないとのことで麻酔で削ることに。前歯の一番痛い麻酔注射は慣れたもので5本分の広範囲なので十数か所打たれましたが途中からは最初に打ったとことの麻酔が効き始めているので苦にもなりません。5連の両端と真ん中の土台だけ生きていたのでそこでブリッジを支えます。はめてはカーボン紙のようなものを噛み印をつけてから高さ調整のブリッジ削り、の繰り返し20回以上。先生も「何回も同じこと御免なさいね」とのことですが「何回もやったことあるんで慣れてます」と回答。最後は歯科用の接着剤で固定してから、最後の微調整。90分ぐらいに延びたことはありますが2時間はちょっと疲れました。3連ブリッジは4か所ぐらいありますがさすがに5連は初めて。保険が効いてもさすがお高い。治療費含めて約28,000円也。歯型を取ったときに値段を聞いていたので持ち合わせに問題は無し。妥当な金額です。

そんなことよりバスが23:30出発。ここからバスターミナルまで電車で1時間弱。現在22:00.アパートに戻りもともと持っていく予定だった着替えのカバンを取って電気機器類の電源を落とし、元栓を閉めてすぐ駅へ。22:15。深夜ともなると電車が少ない。歩きながら検索。特急並みに停まる駅が少ない電車になんとか飛び乗りました。もう汗だく。おっさんですね。嫁さんと車両、改札、バスターミナルの位置でGoogle版LINEを通しアドバイスをもらいます。人の話を聞かないのはいかんですね。特に嫁さんアドバイス(汗)最初は全然聞き耳持たず。

別の記事にしますが(技術ブログのほう?)スマホ、キャリアごと変えてデータ通信量が増えました。グーグルマップで駅の構造を確認。嫁さんの言っていることが正しい。着いてからホーム内で嫁さんアドバイスと同等のことを実行。お礼はしましたよ。

23:15長距離バスターミナル到着。あと15分。プリントアウトしてあった予約バスに乗り場が書いていない。(推敲でバッサリ)なんやかんやで間に合いました。この時期、満席なので遅れてくる人もおらず、すぐに出発。23:30。

バスがちょっと古いせいか寝られない。仮眠程度でトイレ休憩は3回とも降りました。

翌朝6:00前に到着。迎えにきてもらう予定でしたが、例の陣取りアプリで1時間ほど歩きまわって活動してから嫁さんの実家に到着。このあたりが自分でも身勝手と思います。嫁さんのお父さんお母さんに挨拶して、ちょっと寝てから久々の家族とのお話。

年末移動報告だけで疲れてしまいました(汗)

このあと、主に技術屋に徹します。

・嫁さんの実家に光回線は必要ないので家計節約のためにADSLに変更の接続&設定

・お義父さんのPCのキーボードの調子が悪いので外付けキーボードで様子見

・TVの電波状況が最近建設している高層マンションの影響と思われ、ブースターで対処および様子見

1/3午後の高速バスでまた出稼ぎに。

実家でのお話は続きということで、お願いします。

結構、好きにさせてもらったことと、家を空けた間のいろいろな郵便物の仕分け&手続きが滞っておそらく嫁さんをイライラさせたことは感じられました。自分がASDでも「毎日の慣れ」と「久しぶり」で状況に敏感さがあるのだなぁと思いました。中途半端に終わりましたが、できるだけのことはしたつもりです。

では、次回続きを!

 



スポンサーリンク