カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



苦手なもの:あいまいさの収束

連投です。

ASDに苦手なもの、それはあいまいさです。
コンピュータ関連の電子回路の研究でしたのであいまいさをうまく表現し使う研究者もいますし実用化されています。
そのときの英語表現はvagueというのを良く聞きました。

いきなり脱線ですね(汗)

記事タイトルにあるように苦手なもの
1.落し所を見つける
2.折り合いをつける
です。

ビジネスには必要なものです。グローバルではどうなのか英語を調べてみましょう。
辞書引きは嫌いですが、便利な時代になったもので検索すれば辞書代わりになります。

落し所は良く使われるようで
point of compromise
common ground
なんかが引っかかってきます。
妥協とか地面とか、確かに良い方向ではないですね。
bottom line
というのもあります着地点というより「底」ですか。
まあ、両者が納得する最低ラインで妥協するといった意味合いでしょうか。
引きずりますが、半年前に私が失敗したところです。

では、折り合いです。これは決まった言いようがないようで
work out the differences
come to terms with
なんかが引っかかってきますが、日本独特の言い回しなのでしょうかね
ネゴシエーションなんて単語も使ったのもありました。

現在は、法律もあり直接お客さんとやり取りはしてはいけなく、そのチームのリーダ業を担当する人間を通すことになっています。

お客さんとは認識、考え方の違いもありそれを調整するのはなかなか難しいです。お客さんもカマをかけて、こちらの能力を計ったり、それは「駆け引き」かもしれません。

経験DBでは、この揺れ動くあいまいさをカバーできません。DB上にあったとしても検索・対応のスピードが追いつかないですし、コンピュータではないので「疲弊」します(笑)

う~ん。こればっかりは直(治)らないだろうなぁ。

偉い人?

会社で偉くなる(職位を上げる)。
この風潮も年功序列と終身雇用が崩壊した一般企業ではしっかりと目標をもった人間にしか望まれない事項かもしれません。
経営が順調な会社であって「偉く」なれば、給料もその職位なりの額が支払われます。
中間管理職が一番しんどく、課長、部長級の経営者・管理職のマネジメント力が問われます。

研究指導をする立場だった時代もあり、昭和から平成生まれの学生さんを相手に。
私は就職までお世話するする任務はなかったので就職など軽く雑談をしていたときに、「別に平社員のままでいいですよ」「上に上がるとストレスとかで大変そうで」との答えが多いこと。
学校、学部、学科の典型的な傾向でもあり、就職すれば技術者の道に進む学生さんがほとんどです。
さとり世代の学生さんをみて、理由をきいてみれば、やる気がないというよりむしろ堅実で、先の見えない不安定なものに手を出さない、がんばってそれなりのリターンがあるか?という思考で、流動的なこの時代には「あり」なのかな?って思ってました。

私が就職するころには、バブルがはじける寸前で電気、情報、機械、化学などの工学一般の卒業生から先輩たちの半分以上は、商社、銀行、保険会社、証券会社に就職していきました。活力もちょっと違っていて現在でもうわさで活躍していると聞きます。
私自身は2年余分に残りましたから、今ほどではない初めての就職氷河期に入ったときでしたが、まだまだ技術者としては大丈夫でした。
就職しても残業、深夜残業、休日出勤(もちろん、全部支払われます)でもがんばれた時代でした。

会社でも、公的研究機関でも挫折してしまった人間には、「経営側」からすれば爆弾要員でもあり早く手放したいと思うのは当然です。ここ5年くらいのいろいろな事件もありその風潮も変わりつつありますが、それが喜ばしいことなのか?

比較が意味を成すのか分かりませんが、高度成長期から日本人は働きすぎと生産効率の悪さは世界先進国の労働時間、休暇取得率、GDPなどの生産性のデータから指摘をされています。

スライドを使わないプレゼンをする役員がいたことをお話しました。大学を卒業してドイツの企業に就職し、ジョブディスクリプション(職務記述書:ここではその人の能力を表すものではなく「作業指示書」の意味)が与えられそれを効率良くこなして行き、年1,2回のインタビューで、成果と次の期の報酬について上司と話し合う形態だったそうです。
マネージャは、技術詳細はわからず管理・マネジメントだけ。その作業指示書はチームリーダが骨子を作るという、効率的といえばそう見えます。
日本の企業に引き抜かれて、海外の技術担当をやってとの指示だけで唖然としたそうです。この方の違うところは何をやっても良いのだなということで企画立案し計画を立てそれを実行して大成功だったという行動力の持ち主だったこと。

ここでいう偉くなる人は、その能力をもっているということです。
ただ、やはりピラミッド社会なので上に立つ人は一握りであり、行動力も管理能力もあり「人望」もあるということ。
極端な例ですが、やり手で怒鳴り散らして部下を動かし結果を出している指導者は、やがてそのやり方では破綻するか飽和して止まります。
心を持った人を組織的に動かす人間は一味違います。ASDの私でもわかります(笑)

まあ、そんな「偉い人」にはなれないし、管理・計画・コミュ・交渉能力がないのをASDのせいにして、なりたくもないと思うし、技術者で食いつないでいる私がいますというお話でした。

調子が悪い原因の1つ

「大都市ならではの当然な通勤ラッシュ」

現在の常駐先は鉄道でいえば下り側なんですが、それなりに大きなターミナル駅を通過するので満員電車が尋常ではありません。都心に比べれば「若干」マシなのかもしれませんが。

とにかく、まずは1日の体力の25%を持って行かれます。
何を生温いことをと思っていらっしゃる方もいるかもしれません。

これは以前、同輩や後輩と議論になったので私のポリシーということでご了承を(いろいろな考え方が存在するのは認めます)
・1日24時間で通勤時間に占める割合を最小にしたい
 最初の会社で片道2時間かけて通勤している後輩がいました。単純に考えて純粋な睡眠と残業を含めた仕事の時間も含めて1日20時間でやりくりしなければいけません。そうならざるを得ない理由があるのは理解できますが。
・電車、バスなどを利用する場合は、すし詰め状態は避けたい。
 他の客と押しくらまんじゅう状態。背負う系の荷物を前で抱えない客。学生さんなどに多い荷物を足元に置き足場がなくなる。冤罪を避けるため女性客とはできるだけ離れ、仮に隣になってしまった場合(もちろん立っている状態で)は荷物を網棚に置くか胸側で背負う形にして両手を吊革なり金属のバーにつかまり足は直立状態。もうこれはストレスです。満員電車の状態だけでも1記事は書けます。というよりすでにネタ集めてます(笑)
・新人として入社した会社では11ヶ月(この間は寮からの通勤地獄)で嫁さんと結婚して、会社近くの社宅に当選・入居し自転車通勤(15分)してました
・その後、家を購入しましたが、自転車で10分で会社にいける距離でした。嫁さんが先に出社してしまうので、長男君を保育園に預けてから自分の会社に行ってました
・2つ目の会社も、自転車通勤。後半はASD由来のうつ状態で自転車に乗る気力もなく嫁さんに車で送り迎えしてもらってました
・大学、研究機関は、車通勤。交通渋滞の時間の浪費は否めませんが、公共交通機関のストレスはありません

今回の転職して久々の電車通勤
・最初の常駐先は、途中に大きな都市もなく郊外へ向かうだけだったので各駅に乗れば座れましたし、快速ならそれなりに混んでましたがすし詰めはなかったです。
かなりの駄目出しを喰らったリーダー業務で退社時間が23時台になることが多く、これはこれで大変でした…
・今回の勤務先
 「連絡通路への階段が上れない・降りられない・ホーム上で身動きが取れない」
 1.出口や別のホームへの連絡通路の階段がものすごい混んでいてにたどり着けない
   人が捌けきる前に次の電車が来てしまう
   階段がボトルネックとなり待ち群集でごったがえす
 2.これは初めての経験で連絡通路からホームに階段で降りるのに待ち行列になっている
   主な要因はホームのキャパが全然足りない。両側の電車待ち整列行列が流れをせき止めている。
 3.2.に関連するが、待ち行列が反対ホームの端に達したときその先の並びが混沌となっている。
   もちろん、その反対ホーム側からの電車待ちの行列もできており、ホームが人であふれかえり身動きがとれず乗りたい号車に移動など不可能に近い

 昔からある状況.電車内ドア付近一杯状態なのに、そこにさらに自分の体を押し込まなければいけない。
   後ろ向きで乗り込み荷物がドアに挟まれないように入り口群衆に突っ込む。ドア付近には吊革など無いのでドア上の凹凸につかまる。乗り換え後の始発駅なので、発車時刻までどんどん人が乗り込んでくる。背が高いので重心が上にあるのと筋力がもともと無いので電車の揺れに足の踏ん張りで対応できないため、どこかにつかまり先を探さないといけない。

この状態で暴動が起きないのはさすが日本人。
電車内でコートの裾があたったあたらないでホームに下りてから喧嘩をはじめ非常停止ボタンを押し乗り入れ路線を含めた全線で電車を止め終日遅れが出るぐらいのケーサツ・ニュース・新聞沙汰になったケースもちょくちょく見かけます。

まあ、とにかくデスクワークの仕事ですが1日の半分とは言わないけど1/4の体力・気力は失います。
前の職場の上司が言いそうなラッシュ前にくればいいじゃんと、6時台に来ている人もいますが早朝残業はつかないし仕事進捗によっては早く帰れるとも限りません。電車の時間を1本ずつずらしてみました。許容できる混み具合はやはり7時前。睡眠時間を1時間削るか悩ましいところです。

ホーム・電車内などの状況・人の動きは前述のとおり別記事とするとして、常駐先が変わるので我慢せざるをえないといったところです。どこでもドアが欲しい…



スポンサーリンク