読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



忘れないうちに

今、うちの家族5人は、嫁さんの実家に居候中です。 月8万円、食費はシェアの破格で部屋を2室半借りているようなかんじです。 嫁さんは、思春期+やんちゃな子供3人の世話を除外すると、 ・AS夫 ・嫁さんのお母さんとの不仲 の2重苦といえます。 ここ3回の生…

私の特徴

自己分析です。 まずは、言葉の定義や前提条件から。 「普通」「一般的」といった場合は、通常普遍的なものは存在しなく、時代によっても変化しますし、あくまで相対的なものであったり、マジョリティによって社会通念の常識のことを言いますが、ここでは簡…

ブログタイトル変えました

自分のアスペルガー症候群(ASまたはASD)をフューチャーしてきましたが、もっと根深いパートナーである嫁さんがカサンドラ症候群であることのほうが問題でした。 諸悪の根源であるAS夫の私は、常識、行間に気づけない、理解できない、行動できない欠陥をど…



スポンサーリンク