読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



さてさて、ブログの初期設定

ブログ一般

 

私は、ハードウェア・デジタル回路系設計者です。

 

子供のころから、おやじ(父親)の影響ではんだゴテで電子工作するのが好きでした。

回路は素直です。設計図通りに作れば、その通りに動いてくれます。

当時は雑誌に載っている通りに作って、スペック(仕様)通りに動いた達成感にひたっておりました。

 

もちろん、毎回作ったものが動くわけでもなく、はんだ付けが下手で接触不良、極性(プラス、マイナス)のある部品の取付け間違い等が原因ですね。

 

そこで、テスタなる計測機器が登場です。

電圧、電流、抵抗が測れます。最近はデジタル式のものもありますが

私は、やはり針の振れるアナログ派ですね。

    f:id:multiplier:20141105111725j:plain

 

といった前置きはさておき、この手の機器に限らずテレビ、ブルーレイ・DVDレコーダの家電なんかには取説:取扱説明書が付いてます。

分厚いから読む気もしませんね。ケータイやスマホなんかのもすごいです。

最近は、経費削減か環境に配慮してか紙媒体ではなくCDやネット上のPDFファイルで置くようにメーカーさんはしてますね。

ますます、読まなくなります(笑)

 

ある先生が、ちゃんと取説を熟読してから、測定器にさわれと。

確かに一品モノで数億円もする機械なので、安全装置もろくに付いていないので

それは勉強してからじゃないと困りますよね。

 

けど、私は、習うより慣れろ派ですね。

物理的に壊れないものなら適当に入力して機械の反応を見つつ機能を見極めます。

どうしても、わからないことがあったら取説を見ますがね。

でも大概載っていない。すでに特殊な使い方をしてるんで(笑)

 

2重のサブルーチンに飛んでました。すいません。ブログ設定のお話でした。

あんまり、ソフトウェア開発のツールにさわったことがないんで、予測がつかないんですね。ヘルプ機能はどこにでもあるんですが解決する確率が5%といったところでしょうか。

 

技術系とメンタル系でまずカテゴライズしたいんですがね。書込み記事がないとダメなのかな?

 

もうちょっと頑張ってみます。

 

 



スポンサーリンク