読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



アスペルガー症候群(AS)

アスペルガー症候群(ASD)

さてメンタル系のお話をしていきましょう。

実は、このうつ病は2次障害、つまり単に仕事量が多かったとかではなく、性格的な問題が原因でした。

 

嫁さんもいて、子供3人もいながら、2年前3回目の転職前に心療内科で受けた診断がアスペルガー症候群(AS)。

アメリカの精神医学の学会ではこの区分を取りやめる方向にあるそうです。

私は、医者でもないですし、ググればウィキペディアさんが概要を教えてくれるでしょう。

広汎性発達障害の1種類であって、分類的には自閉症スペクトラムに入ります。

 

ウィキペディアさんを見て、嫁さんが図書館で本を借りてきてくれて当てはまる部分が相当多く当時はかなりショックで落ち込みました。といって病むほどのものではないですが。

あと、小学生のころから人には直接的迷惑はかけていない(つもり)でしたけど奇特な行動をしていたのも憶えています。

先天的かどうかわかりませんが今までの人生の行動パターンに合点がいきました。

 

アスペの行動としてコミュニケーション能力の欠如が挙げられます。

確かに営業職には向きませんが、部門間の折衝や、設計したモノに対して有識者によるレビュー会議の進行、企画・立案のプレゼンと追加調査や改善対応などは一通りできていました。

今、考えれば結構、精神的にしんどかったかもしれません。

 

高機能自閉症とも呼ばれていたこともあり、いろいろな症状(?)、治し方とかAS患者への対応などの本を見てみると私に当てはまるベスト3が以下の通り。

・物事・仕事の順位(プライオリティ)付けと進め方(スケジューリング)が苦手。

・予定外や想定外の事柄や要求に対して対応ができない。

・会話や指示があったときの行間や言葉の裏を読めない(真に受けるし、応用が利かない)。

 

今回のお休みも、即効性が求められる仕事がたまる一方でそれらを処理しきれず、上司にも相談に行けず(これは直さないといけないところ)体というか精神的に破たんをしてしまった。というところですか。

 

私の仕事を代行してくれている同僚には大変申し訳ないのですが、そういうことも思い悩んじゃダメ、今は何も考えるなと主治医にも言われてます。ストレスがたまるばかりで全然良くならないぞと。

 

 



スポンサーリンク