読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



今回のプログラムと前回のお話し

うつ病

先月半ばに出た3か月の自宅謹慎じゃなかった、自宅療養を要すの診断書。

3か月の内訳は以下の通り。

1ヶ月目:とにかく休む。余分なことは考えない。

2ヶ月目:なぜ、このような事態になったか考える。原因究明。

3ヶ月目:上記原因が起こらないような対策を考える。復職に向けて。

 

前の会社で5年前かな。心療内科を転々とし、名医と呼ばれる先生に会えた。

前回はひどかった。朝、体が拒否する。有給休暇を使いながら休みがちになる。

1人目の医者はPD対処だけだったので、すでに2人目の医者に代えていた。

このころ、抑うつ状態ってこういうことなんだと初めて知りました。うつ状態になって初めてSSRIを処方されました。いちばん古いタイプのパキシルです。

選択的セロトニン再取り込み阻害薬。気持ちが悪くなる副作用がると聞いたのでPDのとき処方されたが飲まなかった薬。

 

副作用の吐き気もなく一旦は落ち着いた感じ。でもすぐにPDとは違う不安感が出てくる。いわゆる焦燥感ってやつですか。仕事しなきゃって思っていて体が動かない焦り。

 

仕事休んだほうが良いですよねとアドバイスは受けるが、いろいろ忙しくて。そうでしょうね~。が3カ月ぐらい続きました。で、ASを見抜いた3人目の先生にちょっと様子を見てもらうことに。

1人の患者が2人の医者に診てもらうことはできない。今の先生の処方はは違っていない。移るかどうかは患者のあなたの自由。とのこと。

 

ネット上でも評判の良い先生。病院は激混み。

状況が変わらないから移りますと、お願いしました。

 

心理テストみたいなのと血液検査がありました。で、全部経過を話して出した先生の診断は、1ヶ月休職 。ゴールデンウィークまで10日程度あったので、そこで仕事の引継ぎ等を終わらせて5/1~で診断書書きます。と言われました。

 

時期が良かったのか、バシって言ってもらったのが良かったのか安心しました。

結局、もう2ヶ月伸びて合計3ヶ月。

ただ、このときは嫁さんもつられて、うつになってしまいました。両方の両親が来て家事や子供の世話をしてくれたので助かりました。

私は引きこもり状態。嫁さんのほうがひどくて、自分の存在を否定する言動に。

まさに悪夢でしたね。

 

原因は...また別の機会に書くことにします。

良くも悪くも仮想敵を作っていました。

 



スポンサーリンク