読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



片頭痛:すべての体調不良のはじまり

疾患その他

ほほう、使わないカテゴリーは削除されちゃうのね。

これから振り分けようと未分類をつくったけど、空になったらカテゴリーリストからなくなるんだ。ふーむ。

 

さて本題、あと3つ病気持ちです。

 

1つは病気というより症状です。片頭痛(偏頭痛)。中学3年で初めてなりました。

これがすべての発端。

本症状は、片目の奥がものすごく痛くなる。転げまわるほど、救急車呼んでーって言うほど(実際呼んだことはない)痛い。

通常の頭痛薬は全然効きません。

とにかく痛みにマヒして疲れきって仮眠をとるときれいさっぱり治る。

欧米でも片頭痛に悩んでいる人が多いらしく、風刺画で目を自分の手でほじくり出しているのが印象的でした。マンガなんでぜんぜんグロくない。migraineという単語があるくらい。

 

頭痛ってなんか原因がわからないみたい。人間の脳だけに実験ができなくて。

 

良いのか悪いのか、私は前兆がある2,3割に分類されるらしい。

視覚的な閃輝暗点(せんきあんてん)が起こります。

最初、盲点みたいな背景にのまれる部分が、視覚の中心に現れる。

看板なんかの字が書いてあって注視しても背景にのまれて読めない。

視覚中心からちょっと外すと読める。

日中、クルマとかガラスに太陽が反射した閃光を見て、一瞬目がくらんで、

残像で残っているときはドキっとします。

それから、そこの見えない部分のまわりに三角形をつないだようなギザギザのキラキラしたしたクサリみたいなものが現われます。それ自体太いものではないけど、中心からまわりに向かって広がるというか通過していきます。

キラキラしている部分の視覚情報は完全に欠落。通過後の中心は元通り見えます。

ウィキペディアに画像まで載っています。

閃輝暗点 - Wikipedia

で、視界のまわりに全部いなくなってから、どちらかの目の奥に鈍痛が始まります。

後述の特効薬がなかった頃は、閃輝暗点が見え始めた時点で寝るようにがんばります。

うとうとして寝てしまえばこっちのもの。起きた時には嵐は過ぎ去っています。

痛みを感じだすともう我慢するしかないのとはやく痛みにマヒすることでしたね。

 

高校で、視野検査、脳波、CTスキャンで調べてもらったけど問題なし。

その後MRIが開発されて、会社に入ってちょうど症状が起こっているときに画像を撮ったけど問題なし。診断は片頭痛だねって。

 

そのころ、薬の名前は忘れたけど酒石酸エルゴタミンを成分とする特効薬が出た。

前兆が出た時点で1錠、本頭痛が始まってしまったら追加でもう1錠飲むと、かなり痛みが軽くなる。前兆のない人には効果がないって、そりゃかわいそうでしょう。

その後、大学のサークルに薬学部の先輩がいたんだけど、物質名を言ったら本当にそれ薬?それってかなりの劇薬だよって言われました。

まあ、薬ってある意味、毒ですから。。。

 

年をとれば、だんだん頻度が減ってくるっていうのは本当でした。

30代で3~5年に1回くらい。しかも新たな特効薬ゾーミックが出ました。

これは頭痛の最中でも効くらしいです。脳の血管の拡張で起こるとされている片頭痛に血管収縮させることができるらしい。一回だけ使いましたが、かなり効いた覚えが。

 

新薬はどんどん研究されているんだなと思いました。

 

片頭痛自体の話は終わりますが、これが恐怖で不安神経症になったとかならないとか。

サンフランシスコ、サンノゼからの成田便、偏西風に逆らうので12時間ぐらいの2回のフライトで片頭痛になりました。

パニックになりませんか?

 

実はこの片頭痛セロトニンに関係してるそうな。。。

 



スポンサーリンク