読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



アスペルガー症候群(の気がある)と診断されて初めて読んだ本

書籍・メディア アスペルガー症候群(ASD)

私の時系列を早くに書かなければいけないのですね。

嫁さんは主治医からは、旦那さんはアスペの気があると報告を受けていたようで

相当ショックを受けていたようです。

 

後に、アスペとわかっていたら結婚してなかった、とまで言われる始末(汗)

 

数あるアスペ本(笑)の中からどうしてこれを選んだのか・勧められたのかわかりませんが、嫁さんが読んでから私に読めと言った最初の本です。

 

Amazon.co.jp: アスペルガー症候群 (幻冬舎新書 お 6-2): 岡田 尊司: 本

 

嫁が勉強したのか付せんがあるし、ページの角折りも多数。

私も、性格的に問題がありアスペの気があること告げられネットで調べた程度でした。

普段、字ばかりの小説とか読まない。専門書ばかり。ブルーバックスも著者によるなぁ。縦書きで方程式なんて出てきたときにはうんざりですね。

 

おっと脱線。

シリアルに読まなきゃいけないので前のを忘れないようにうまく症状を分類しています。

症例が多くも現実味が増しますね。あとはやっぱり著名人、特に技術者や学者に多いってことは共感できたな。

都合の良いことだけは覚えてる(笑)

#早くから発見できる重症の子供たちは本当に困っていて

#あらぬ偏見に親たちも迷惑しているようです

#誤解のないように

 

もちろん、じゃあ本人はどうするか?まわりはどう対応するのか?が後半にあるが、周辺の対応するのは客観的にわかります。

でも、本人への要求は、なかなかできるものじゃない。

上司からアスペだという認識はされていないけど、メモ取れ、ToDoリスト作れ、期限を入れろ、順位付けしろ、などなど同じようなことを。

リストまではできるんだけどなぁ。。。

 

なんか、この歳になって考え方を改めなきゃいけないらしい。

先が思いやられる。。。

 



スポンサーリンク