読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



パニック障害(PD:Panic Disorder)つづき、症状編1

パニック障害(PD)

大学のサークルのメンバーに過呼吸でよく倒れる女の子がいました。

手際が良い先輩がいて、ビニール袋、レジ袋、紙袋を口に当て呼吸の酸素濃度を下げる処置をしてました。

脱線します。

 そういえば定期試験の試験監督の補助やってたときある学生さんが気分

 が悪くなってビニール袋が欲しい言われ、講義の担当教授は吐くものと

 思っていたみたいです。私はピンとひらめき?これは過換気症候群だっ

 て説明して、教授の先生には彼を別部屋に移してもらい、私は教務係に

 袋をもらいに行きました。彼は自分で対処法を知っていたらしく口に袋

 を当てながら、落ち着いたようで別部屋で試験を続けていました。

 合格したかは定かではありませんが。。。

 先生からは良くこんな症状知ってるなって言われましたが、私は疾患の

 デパートですからと冗談言ってごまかしました。

 まだ、語っていませんが転職人生で大学の助手(今でいう助教)を数年

 やってました。

メインルーチンへ。

症状は、倒れちゃう/倒れるくらいですね。

心拍数が上がり、冷や汗をかき、視点も定まらず、気分の悪さを訴えます。

私の場合PDだったので、過喚起の症状を持っている方とはちょっと違うと思います。

パニック発作が起こっているときは、本の内容やPD持ちの方たちと大体一緒です。

・得も言われぬ不安におそわれる

・心臓がドキドキとする

・冷や汗が出る

・胃の辺り不快感、吐き気がする

・意識がもうろうとする

で、頭の中は

・このまま死んでしまうのではないか

・周りの人に迷惑をかけたらどうしよう

・とにかくこの状況を脱したい(救急車を呼びたいくらい)

の考えでぐるぐるですね。

当時は、家に帰らないと治りませんでした。

で、やっかいな「予期不安」ですね。

この恐怖体験がまた来るのではないかという恐怖心におびえる毎日で、結局発作に至ってしまう予期不安は、ある一定の状況下で起こりますが、そうでないときも急になったりします。

 

なんで過呼吸の話を持ち出したかは、最初PDを知らなかったので持病がそうだと思っていたからです。

 



スポンサーリンク