読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



パニック障害、治療のはじまりと処方された薬

パニック障害(PD)

心療内科へ初めて行き、今までの経過を先生にお話ししました。

まあ、ほぼPDですねと。

ネットも普及しだして患者さんのほうから勝手に診断されるのもやりにくいとの苦言も呈されていましたが、若くて物腰の柔らかい先生で好感が持てました。

やはり薬による療法。

ランドセン(今はリボトリールを使っています)を出されました。

てんかんの薬。

 

まだ外食がネックであると定かではなかったとき、何かの拍子にレストランへ。やっぱり発作が起こって逃げ出してきました。

とにかく胃の不快感に不安があるようですと言われました。

魔法のような薬がありますといってドグマチールジェネリックはたくさんあります)を追加で処方されました。もともと胃の薬だったようなののですが、マイナートランキライザー(弱い精神安定剤)の効果もあるとのこと。

確かにこれは効きました。

「薬として」はこの2種類で約10年でPD発作は起こらなくなりました。

 

あとは、予期不安をどう抑えて行ったかの話になります。

 



スポンサーリンク