読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



自分が要求した薬

メンタル一般 パニック障害(PD)

PDの薬でランドセンドグマチールを処方されていたことはお話ししました。

 

ただ、ネットでも良く出てくるデパスの存在は欠かせません。

これは今でも服用してます。常習性がかなりあるようですね。

 

デパスの出会いは大学1、2年のころ、肩こりがすごくて首から頭に電気が走るような症状に悩まされていました。近くの内科で処方されたのが、筋肉の凝りをほぐす「筋弛緩剤」としてのデパス。これにマイナートランキライザーの効果があることは後で知りました。

 

いまでこそ肩こりはなくなりましたが、安定剤としての役割で服用中です。

 

追記:記事タイトルとの関係です。内科、精神科で、肩が凝るとかお守りに持っておきたいとデパスの処方をいろいろな医者に頼みます。どの医者も常習性がある安定剤とわかっているらしく、あんまり快く処方してくれませんね。

 

 

 



スポンサーリンク