読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



休職時に見つけたアスペ本

アスペルガー症候群(ASD) 書籍・メディア

休職が決まって、まずは休養。

 

金曜日に定期健診で心療内科に行ってきました。 

主治医曰く、ストレスではなく心のキャパシティ(キャパは器の量で決まってるなんだけどなんて、つっこみは入れず)がもうすでに底をついちゃってるんだってことで診断書を書いてくれたそうだ。

自分では、たまってオーバーフローして心身が潰れてしまうストレスの壺と、体力ややる気のもとになるエネルギーみたいなものがためられている壺が2つあって、もちろん相互に関係しているんだけど。

今回は、モチベーションなんかのやる気エネルギーがたまっていた壺がほぼ空の状態になったと判断されたと解釈。前回は完全に空になったから動くことすらできなかったけど、今回は少し残したそうで、それは、またエネルギーをためる行動の余力用とのこと。

確かに、毎日動けているし、こうしてブログも始められている。

慣れたんじゃないの?って皮肉はこの際、ストレスなんでスルーします。

 

で、そろそろ、原因を見直そうと嫁さんが持ってきた本

Amazon.co.jp: 大人のアスペルガー症候群 (こころライブラリーイラスト版): 梅永 雄二, 佐々木 正美: 本

が、理系向きで読みやすい。5章構成で1~4章までが分析。

見開き2ページでプレゼンスライド形式のわかりやすい図、噴き出し、矢印を使った構成で字が少ない!(笑)

自閉症スペクトラム(連続体)なんで、いろいろな事例があります。

つまりアスペでも十人十色ってことですね。

主に右ページに特性が示されているので、見出しのページ右上に自分の該当する症状に付せんをつけていく。

分類するという作業が自己分析もできて一石二鳥。

それから、左ぺージのアドバイス的なところを読んでいきます。

でも、まだ実践どころか、頭に入らない。。。

5章はほんの10ページしかない一般的な対処。行政のサポートとか支援団体とかの情報。

 

これくらい簡略化かつ端的じゃないと理系頭もといアスペ頭には理解できませんな(笑)

#悪意がないことをどうぞご理解を。。。

 

 

 



スポンサーリンク