読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



わかっていること、わかってほしいこと

重要項目

私は、アスペルガー症候群(AS)、自閉症スペクトラム高機能自閉症、なんでもよいですが発達障害適応障害です。

精神科医、心理学者は、症状をカテゴライズ・分類することが主な仕事ですから。

私は私でしかありません。変わる伸びしろは少ないかもしれません。

 

現在、過労で「うつ病と3ヵ月の自宅療養を要する」の診断が出て2回目の休職中です。

でも、このうつ病はASの2次障害でしかないと見ています。

 

ASは性格みたいなものなので治らないと考えていますが、どう向き合うのか、どう考え方の切り口を変えるか生きにくさからの脱却を模索しています。

 

症状の似た方がグループ内にいらっしゃいますし、実際、前回の会社にもいました。

メンタルヘルスの重要性が言われています。しかし、環境、上司や同僚の理解を得るのが難しいです。技術系企業では、非組合サイド(経営陣、管理職側)にAS部下の扱い方教育やセミナーがあるようで、理解をしうまくコントロールすることでその部下は能力を発揮して1人分以上の生産性の働きをします。

ところが偏見や扱いづらさによる対応の悪さでますます生産性が悪化するどころか、対象者は休職や退職に追い込まれます。

 

できない指示への禁句「じゃあ、おまえがやってみろ!」。

ならずも、「1回この生きにくさを経験してみろ!」と言ってみたいです。

 

脳みそを一時的に交換するような技術がなければ実現不可能ですが。

 

当事者に能力があっても、当事者が性格に向き合い変わろうとしていても、周囲の人のあいまいな指示どころか、心ない一言で当事者はどん底に突き落とされます。

 

どうか、自分は自分、他人は十人十色を理解していただきたい。

「自分はこれだけつらかったのに頑張れた。お前にもできるだろう。」私はあなたではありあません。

「仕事投げ出してもらっても困るんだよね。」周りの迷惑は重々承知ですが、もう、どう頑張っても体が動かないんです。怪我や通常の病気と一緒で、表面上は歩けます、話せますが、目に見えない心が傷を負って仕事ができないんです。

あなたたちの違う次元の「つらさ」「しんどさ」と戦っています。

 

重要なことだから2回言います。「生きにくさ」の内容を理解しろとは言いません。そういう人間がいて、変わろうとしたり、挫折したりしている別世界があることを知って欲しい。

できればそれを考慮した命令や指示をしていただきたい。できなければ、捨て台詞ぐらいは抑えることぐらいできるでしょう?

 

私も、あなたや同僚のグループ・部署の全体実績を向上するような仕事をしたいです。目標のベクトルは一緒なはずです。そのために私はこうして再度自分と向き合い模索をつづける時間を頂き、復帰に向けてもがいています。

  

最後に2点、

1.自暴自棄になっている感が否めませんが、これも闘いです。

2.他の記事にも書いてはいます。私は、AS持ちといえども社会に出られるだけ幸せです。通常生活に支障がでるくらい重い症状の方たちの存在を忘れてはいけません。

 



スポンサーリンク