読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



そろそろ、復帰に向けて分析

メンタル一般 ブログ一般

過去や愚痴ばかりで後ろ向きなことばかり書きました。

話半ばになっている記事もあります。

でも、社会人、家族の主だった収入源(大黒柱と書けないところが弱い)、労働の義務をおっていることもあり、そろそろ復帰に向けて考察、再発防止の対策も考えて行こうかと思います!

 

「2」⇒「3」。

 

・2度あることは3度ある

・3回目の正直

 

未来のことはわかりません。

今の主治医は、嫁さんのお母さんからの紹介でした。

障害者の支援センターの手伝いをしていたときに、現在もですが月一で往診に来てくださっているそうです。あんまり手広くやっていなく、5分診療なんてことはありあないです。必要とあらば1時間でもお話に付き合ってくださる密かな名医です。

そのため、予約を取って3人待ちでも3時間待たされることもあります。親身になってカウンセリングしてくださいます。お年を召していらしゃるので、ちょっと素人目に治療法が古いです。

 

脱線です。

ちなみに、前の会社のネットでも有名な主治医は名前から推測して女性のハーフの先生です。かなり重度の患者さんも診ており、2,3人同じ会社の従業員を見かけてます。相手は、中途採用の私を知らないと思いますが。3ヵ月に1度血液検査をして薬の血中濃度を調べ、カウンセラーが必要な時には別時間をとり、自立支援の制度があることを教えてくれたりと近代的(?)な治療でした。

こちらも難を言わせていただければ、午前中朝一にきて20人待ちとかざらで診療時間が短いこと、おしゃることや「指示」(別件で書くかもしれません「完全にその人を無視してください」「できれば上司に言って席も離してください」)が的確かつ強い調子なのはよかったのです。

しかしASとわかってからは聞き役にまわって、最後、診察室から出て行くときに私が何か心がけることはありますか?と質問するありさま。何かの治療の一環だと思うのですけど。

本当は夫婦を同じ先生が診るの良くないと言われたのですが成り行きで。嫁さんには怒涛のような慰めとアドバイスが、我慢できなかったら離婚の選択肢もアリだっとようで(汗)アスペ夫に対する対処法を伝授していたみたいです。

私が減薬中のSSRIパキシルをちょっと多めに飲んでいることを嫁が伝えたら、すぐ電話して止めさせなさい!攻撃性が増して何をするかわからなくなるわよ!って言われたそうで会社で電話がかかってきました。治療内容は的確だったと思います。

メイン復帰。

 

上司に「また休まれても困るんだよね」と言われ、ASお得意のこの言葉をまともにとらえ、次はないとの強迫観念にとらわれていました。確かに雇用側の従業員への要望としては正しいのですが、スルーできませんし先のことは場合によりけりで予測不可能です。

 

主治医曰く、そのとき(3回目)になったら、どうすべきか考えればいいでしょうに。今から、またなったらどうしよう、なんて考えたら治るものも治らないですよと。

PDの予期不安と似ていますね。

 

どんどん分析していきましょう!

 



スポンサーリンク