読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



発達障害の3つの要素

アスペルガー症候群(ASD)

アスペも含む「発達障害の3つの要素」、本では「特性」と言ってます。

Amazon.co.jp: 大人のアスペルガー症候群 (こころライブラリーイラスト版): 梅永 雄二, 佐々木 正美: 本

私は8割ぐらい該当しますね。

 

1.コミュニケーション

  良い:素直、正直。思ったことをしゃべる。

     興味のあることは積極的に発言。

     独特の感性。

  悪い:言葉を文字通り受ける。たとえ話も本気でとる。

     人の話を聞けない。聞いての理解が困難。

     他人の表情や身振りに鈍感。意図をくみ取れない。

 

2.社会性

  良い:自由発想ができる。

     行動力あり。興味があれば没頭。

     周りに流されない。勝手に進めることができる。

  悪い:友達ができない。それを苦に思わない。

     共感できない。人の気持ちに興味がもてない。

     常識、マナーが身に付かない

 

3.想像力

  良い:決まった作業を正確に実行できる

     興味のあることには集中力発揮

     反復・単純作業をいとわない

  悪い:興味が偏る。頑固。

     臨機応変さに欠ける。想定通りが楽。

     ルールに従いたがる傾向。融通がきかない。

 

   



スポンサーリンク