読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



なぜ生きるのか、生かされているのか

メンタル一般 ブログ一般

コメントくださったのを機に、また考え出しました。

 

小学校5年生の時に、詩を書く時間があって、そのときの正解は「雨がザーッという音とともに降ってきた」と1フレーズに書いた友達が、先生に褒められていました。

雨粒が音とともに落ちてくる表現が評価されたんでしょうね。こうやって書いてしまうとわびもさびも無くなってしまいますが。。。

 

課題の詩を考えているときに、自分だけが鏡を見ないと全体像が見えない。この今、考えているのは誰だ?

もし、自分の存在がなかったら、世界や宇宙を認識するものがなくなってしまい、周りの存在意義がなくなってしまうのではないか。自分が死んだら、世の中は通常通り時を刻むのだろうか?それを誰が認識する?世界もなくなってしまう?

というような、これは誰しもが、自分の存在意義について考えるときがあるようです。

我思う、ゆえに我あり」とデカルト方法序説で記した有名な命題でもあります。

理系アスペの私には、この哲学的なその答えは、いまだに見つかっていません(笑)

それを、詩にしたんです。つたない言葉で。クラス全員分廊下に張り出されて、自分でも浮いているなって思いました。もちろん先生にはスルーされました。いや、別に評価してもらおうなんて思ってなかったです。ただ、力いっぱい遊んで目先のことしか考えていない小学生の私に、ぼーっと考えさせられる機会を与えてくれました。

 

1回目のうつ病のときに、嫁さんも引きずられてしまって、廊下にペタンと座って呆けている状態。私は部屋に引きこもり状態でトイレに行くときにその光景をみても、自分で手いっぱいなので何も声をかけてあげられませんでした。

 

後で聞いたら、子供の世話しなくちゃ、洗濯しなきゃ、食事作らなきゃって強迫観念で押し潰されて、「この世から居なくなってしまいたい」「自分の存在を消したい」と思ったそうだ。ふらっとマンションの階段をあがっていたそうな。

 

日々、自分の存在意義について考え悩んでいらっしゃる方々もお見受けしますし、実際に何人も見てきました。つらかろう、しんどいだろうと思います。

技術屋、理系の立場から見て、人間の脳は発達して創造もできるすぐれものだけど、こわれやすくもあるんだなぁと思ってしまいます。

 

と、ふと、タイトルのようなことを考えてしまします。

 



スポンサーリンク