読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



幸せってなんだ?

ブログ一般 メンタル一般

ちょっと、掘り下げます。

 

幸福論とか哲学の話はしません。一般化して持論を主張するような学者じゃありません。自分の関してだけです。

 

コメントにも頂いたのですが、自分の「物質的」スペックは中堅クラスだと思います。

ただ、相対的にです。生活水準も相対的に標準でしょう。

で、幸せかどうか?

わかりません。

問題夫につきあってくれる嫁さんと、思春期ながらもいろいろ話せる長男と、無邪気に懐いてくれる双子。

休む前は仕事もそれなりに順調に進んでいた。雑務で忙しい中で、新しいアイデアについて同僚と納得いくまで議論ができた。

公私ともども充実して幸せそうじゃないですか。

 

うーん。そうかなぁ。

 

幸せの定義が必要ですね。

哲学を語るつもりはないからグーグル先生に聞いてみよう。

 

宗教団体がひっかっかってくると思いきや、個人の新旧のブログなどが。

・つねに追い求めるもの、ステージを上げる

・心の余裕、選択肢があること

・自己満足、利他主義で感謝されるってものあったが、じゃあ満足って何?

・人それぞれの価値観があるから定義できない

・感動したとき(ちょっと同意)

・(自分の)目標に到達したとき、またはその過程(ちょっと納得)

 

ただ、昔から幸せな「人生だったなぁ」って思えるのは死ぬ直前か死後(意識みたいなのがあれば)だってのは昔から納得していた。

 

死んでみないとわからんか?

(ブラックジョークです)

 



スポンサーリンク