読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



生きる目標、目的

メンタル一般 ブログ一般

これは前の記事にリンクを張るにはどうすりゃいいんだ?

記事の貼り付けじゃなくて、リンクは?

直にHTMLいじってURL書いても良いけど毎回大変。

 

なぜ生きるのか、生かされているのか - オジさん技術者メンヘル脱却への道

 

結局コピペで形式選ぶのか、ブログタイトルはいらんのだけど。。。

だめか、文字列を消すとリンク先が無効になる。

 <a href="http://hogehege.com/"> なにがし </a>

の なにがし をいじりたいだけなのにぃ。

 

あきらめた。本題。

上記リンクの2つ前の記事に関係するんだけど。

この世に生を受けた人のなすべきことは何でしょうかね。目標とか目的。

うちの中二病に将来何になりたいのって聞いたら、特に無しになっちゃった。児童館でお兄さんの指導員みたいなのを積極的にやってるので、そっち方面が合っているかも。前の会社のとき、小学生夏休み限定で集まって、近くの大学のお兄さんお姉さんが手伝って何個かの班に分かれ1週間で演劇を創作し発表するみたいなプログラムに参加。台詞は結構憶えてはっきり言える。班のまとめ役にもなっていたようだ。

私に影響されて、ちょっと学校行きづらそう。部活も休みがち。何か学校で問題があるのかわからないが、嫁さんの友達が偶然、そこの学校で仕事してるんで長男のようすをおしえてもらえる。特にイジメとかには関わってないようです。

双子は相変わらず天真爛漫で両方ともサッカー選手。そんなにうまくはないんだけど。頑張って練習しろよって言ってます。

 

自分は、文集か何かに天文学者って書いたおぼえが。

中学の時はアーケードゲームにハマってたからその開発者かな?これは忘れた。

高校でコンピュータのハードウェア側にハマりましたね。プログラムは昔のBASICZ80という8ビットCPUのアセンブリ言語は書けますが、それ以上の高級言語は実習で習った程度。

結局、コンピュータ関連の技術者と学者的な職業、日本企業には疎まれる博士号を会社を辞めてまでとりました。日本の産学の隔たりは改善されたもののまだ溝は深く、お互いの生え抜きの技術者や先生の歩み寄りにはもう少し時間がかかりそう。

オタク野郎に結婚してくれる人も居て子供まで授かり、念願の家も買った(住んでないけど)。

技術者、学者、博士学位、結婚、子供、家と、子供のころからの夢と通常の大人が求めるステータスはコンプしました。すなわち、目標と目的を達成しました。誤解しないでほしいんですがひけらかしではなく事実を書いています。で、先に出たこれで「満足」して「幸せか?」って問いにはNoです。

元気だったころ並みならぬ努力はしましたし、人脈とお世話になった方々の尽力にも助けられました。運も強かったと思います。宝くじは当たりませんが。

 

で?

 

当然、前の幸せって何?の記事にもあったように次の目標を立て、それに向かうのがまっとうな人生でしょう。

 

ところが、早くも燃え尽き症候群(これはまだ精神医学会的には障害とされていない)の気が。なぜか、原因ではないですがモチベーションが上がらないんですよ。次の目標への。

 

1200字超えたんで次へ。

 



スポンサーリンク