読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



生きる目標、目的2

メンタル一般 ブログ一般

アイディアや試したいことはいくらでも出てきます。

これはまだ救いかも。

 

大人社会の現実や裏の根回しみたいな面倒くささを知ってしまい、それを乗り越えてまでのモチベーションが上がらず目標設定ができません。

何かのお金を融資してもらう申請書を書くために実現性のある目標および裏付けみたいなデータ収集が必要なわけではありません。実際、現実にはタダでは開発できないので企画書が必要ですけどね。

コンピュータの世界には難しいですけど、ノーベル賞を取るような大発明・発見をしたいとかでも良いはずです。確かに2年前まではその意気込みはありました。

潰されながらも技術者や研究寄りの仕事をして「自信」がわいてきたような気がしました。(←ここは指摘されそう)

 

なんということでしょう。今年度に入ってから見違えるように、そのやる気が失せて行くではありませんか。

 

なぜでしょう。

産業医や上司はきっかけを聞いてきます。産業医は仕事柄、復職可能を面談で判断しなければいけないので、7月から不調だったのに10月になって休職の診断が出たということは、なにか決め手になる事象や言われたことがあったのではと繰り返し聞いてきました。うまく説明できませんでした。

先週の主治医にその件を話すと、事故などと違い突発的に骨折とかで動けなくなったのではなく、だんだんとそれこそ連続体のようにストレスが蓄積、やる気エネルギーが減少し、主治医がこれ以上この状態が続けばエネルギーのほうが底を突くと判断したからとのことです。何%っていう尺度では測れないものらしいです。

上司も、何が直接的原因かを模索しています。いろいろなものが積み重なり、さらにいうならば自分の性格がさらにそれを助長させ、私の心の全体でこれ以上無理っていうことになったことは理解されていません。

確かに一つ一つの仕事は重くはありません。ただ、

・それらが重なること

・一つの仕事の状況が刻々かわること

・一つの仕事の指示があいまいなこと

なので、手をつけても永遠に終わらない気がしてしまいます。

まさに発達障害のところでいった、臨機応変さかない、書いてはいないですが例外の多いルール(すでにルールではないような)には従うのが難しい。に当てはまってしまいます。

とにかく段々に積み重なっていきました。

 

これら、ぼやっとしてますが今回の「急な」診断ですから、何か「急な」出来事があったと思うのは自然です。種明かしはもっと複雑なんですね。

 

では、実際の事例を紹介しましょう。

アスペの生きにくさを理解していただければ長々書いている意味があります。

 

 



スポンサーリンク