読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



幸せあった?相対的幸せ論

ブログ一般

学生時代、勝手に名付けた相対的幸せ。

グーグル先生に聞いてみると

過去と現在の比較して気持ちを高めるみたいな、高尚なことが書いてありますね。

 

私のは不謹慎極まりないブラックです。

同期がテストとか発表の締切りでテンパっているときに、自分は案外ヒマだったり余裕があったり。カリカリしている同期の状況から見て幸せと思うことです。

自身の勉強しろ、研究進めろって話ですけど、自分より大変な人がいるとちょっと楽した気分になれるというえげつないものです。

もちろん、その逆もやられるわけで、お互いさまの関係で仲が悪い訳ではありません。

必要であれば助言もしますし。

 

単なるブラックなお遊びでした。

 

実は、リンクはしませんけど、小学生ぐらいのお子さんが、細かい的確な指示を与えてあげないと行動ができず、そのストレスがたまってしまう。ある行動が間違っていたときに否定するようなことを言ってしまうとかんしゃくを起こしてしまう。

指示とは、紙テープ5cmぐらいをハサミで切ってきて。という指示は場合によっては、5cmでプラスマイナス5mmぐらいの誤差は大丈夫だよと言ってあげないと不安にになり行動が起こせないケースもあるそうです。

 

そういう人たちの存在を忘れてはいけないと言っておきながら、その人たちにくらべれば「幸せ」となにげに言ってしまっているのです。本当に申し訳ないです。

 



スポンサーリンク