読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



同僚のびっくりした発言

考え方を変える材料

一番最初の会社の新入社員の研修で、グループに分かれてやっていたとき、違う班ですが犬猿の仲のようなケンカばかりしている2人の同期がいました。

 

1人は、単なる自己中心的で、感情の起伏が激しい、話せば盛り上がるけど、言葉を選ばないといけない人

もう1人が、負けず嫌いでわからないことはとことん勉強して吸収、気に入らない、納得できないことはすぐに反論する人

 

それぞれ1人と寮生活のとき部屋で話すことがありました。

お互い相手と合わないことは、自分の理由をつけて話します。

 

前者の同期は怒りでそうかそうかとなだめるような会話をしてました。

後者の同期が言った言葉「かわいそうな人間だよな」って。

見下していたかはさておき、怒り心頭している相手をかわいそうと思う人間に初めて会いました。

 

普通(かどうかわからないけど)、失敗したとか不幸の中にいる状況を「かわいそう」と思います。

 

本心は定かではありませんでしたが、相手の欠点や合わない点を言葉を荒げて話している最中にボソっと。

衝撃的でした。怒りを感じる人間には憎悪しか生まれなかった自分に。

 

あんな感じでこの先やってけるのかなと前者の同期の行く末を危惧してました。

 

自分を、なんて器が小さく、目先のことしか考えられなくて、感情をコントロールできない人間かと気づいた瞬間でした。

 

もちろん、その同期からみる、かわいそうさは主観的です。でも、かいわそうと思えることにびっくりしました。

 

前者は会社を辞めていきました。後者はアメリカの現地法人で5年ぐらい修業を積み良い管理職になっています。

 

といって、この発見をどう応用すればよくわかっていないのですが(笑)

嫁さんにそれを話したら、普通に思う感情でしょって言われました。

 

やっぱり俺ってふつうじゃないんだ。。。

 



スポンサーリンク