読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



言葉の暴力を受け流せるか?

考え方を変える材料

ここのシステムはよくわかりませんが、お互いの読者の方に人の言動に過敏になってしまい悩まれている方がいらっしゃいます。

私は、その方ほど難儀していないと思いますが、かなり敏感でその後の行動に影響を及ぼし、引きずります。

 

一般的に、だれが見てもパワハラ発言は言葉の暴力と言ったりします。

ASの私には、冗談や例えでも、まともに言動をとらえてしまうため、傷ついています。エネルギー壺ではないストレス壺のほうにどんどんたまっていきます。

相手は言葉を選んでもらっているかもしれませんが、逆に裏目に出ている場合も多々ありです。

これは、語るかどうか迷っているところです。人生で最も許せない人が1人だけいます。その人の言動に傷つき、行動に敏感になり、自分のほう疲弊してしまい潰れてしまいました。

その人の過去をちょっと教えてもらいました。よくよく考えると「かわいそう」な人で、行動や言動は虚勢ばかりはっていて技術力もなく後ろ盾が居るのですが、その人ががいないと成り立たない人です。自分もズボラだと思っていますけど、有言実行で仕事の一貫性の無さ、プロジェクトを引っ掻き回すことには逆に感心します。

なのにその人の実績になるのは、マンガやドラマのお決まりを見ているようです。

 

同僚や先輩たちは、生え抜きでその人を良く知っているので、

・そんなに気にするものでもないだろう

・言動を受け流せ

・いちいち過敏になるな

とアドバイスしてくれます。

 

一般的な言葉の暴力は昨今のブラック企業パワハラ発言で裁判沙汰が多く、たいていの人が気にしてしゃべっています。

問題は、AS特有の一般の方にはわからない言動を受け流せるか?です。

(すでに「こんなことで」って特殊すぎて言葉の暴力とは言えないかもしれませんが、わたしには十分バイオレンスです)

 

周りの気遣いも通用しない特殊性があるので、自分でなんとか対策するしかありません。受け止める部分をどう改善できるか、受け取った内容をどう自分に弊害が無いように変換できるか、方策を考えだす必要がありそうです。

 

 



スポンサーリンク