読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



パニック障害(PD)を克服した後輩の努力の目的

パニック障害(PD) メンタル一般

前の会社で、新人さんが配属されました。

良く仕事ができる人だったんですが、内容が合わず3年ぐらいで辞めていきました。

彼はPTSD的体験からPDになってしまったのですが、結婚もし子供が生まれ家庭を守らなければならない状況にありました。

若いのと治そうという強い意志から、私に打ち明けてくれたときには、病院通いをやめてちょうど5年目になっていました。

ちょっと、メンタル系の話になると声が震えるのが後遺症なのかなと勝手に思ってました。

 

最初に種明かしすると各種保険に入るための準備が目的でした。

 

ここから、脱線と事情です。

個人情報保護が法律になってから、生命保険や医療保険や団信(団体信用生命保険)加入時に告知義務の内容とその違反したとき保険が適用にならないことが大きく明記されています。

ちなみに団信は住宅ローンを組む時に、保証人の代わりになってくれる保険です。返済中に万一病気や事故で死亡や働けないくらいの後遺症が残っても、残りの返済を補償してくれます。信じていた親族や友人が保証人になって夜逃げされ、破産したってのを聞かなくなったのでは?って、会社設立融資とか他のお金借りるときの制度は知りません。

 

精神的疾患を持っているとこれら保険にほぼ入れません。保険会社も保険金はなるべく払いたくないでしょうから(保険会社勤務の方がご覧になれれましたらすみません)リスクの大きい人は契約してもらえません。

 

以前、書きましたがある外国の日本人の性質について研究している学者の講義の動画がありました。自分の入っている保険の約款を見てもあいまいです。知恵袋や教えて系の質問や答えを見てもはっきりしません。

 

生命保険を例にとると、契約2年後(これはよくわからない)自殺にも保険金が支払われるところです。今、制度が変わって自殺には支払われないかもしれません。保険会社は商品や保険金を統計から決めるようです。

ドライな話ですが精神疾患持ちは自殺しやすいという統計があります。

日本の自殺を研究している学者曰く、なぜ自殺に保険金が支払われるんだ!って自殺が減らない原因の1つに挙げてました。外国の保険のことは知りません。

 

2段階目の脱線に入ってましたね。1つネストを戻します。

 

生命・医療保険の告知内容に、

・いまから5年前までに入院していたことがあるか?

・いまから5年前までに通院・投薬していたことがあるか?

という項目があります。

Yesになるとさらにその病気の内容のリストが細かく書いてあり、該当するものがあるか聞かれます。

がんや生活習慣病(昔の成人病)だと加入が難しくなります。

(三大疾病(がん、脳卒中心筋梗塞)のみをカバーする商品もあります)

そのリストの下のほうに、「脳や神経、それにかかわる疾患」というのが入っています。

これに引っ掛かります。告知義務違反つまりウソをつくと、払う段になっていろいろ調べられ、保険金が支払われないという結果になります。

 

メインに戻って。

5年再発せず病院にも行っていない。という事実ができたので、その後輩はやっといろいろな保険に入れると喜んでいました。

 

最近は、持病を持っていても入れる保険ていうのもありますが、ほぼ精神疾患はその持病の範囲外です。

 

ちょっと、前まで医療保険で、指定疾病不担保という、たとえは精神疾患を指定すれば、それを原因や因果関係がある病気であれば支払われないけど、関係のない腎臓とか肝臓の病気を発症した場合の医療費が支払われるというものがありました。

今、社会的に精神疾患が問題視されているのでそれらの商品をもつ保険会社も出始めましたが審査は厳しいようです。

 

そのほかに、月々の保険金が2倍だか3倍くらい高かったですが、無告知(とにかく何も聞かない)という保険もあります。今、存在するかはグーグル先生に聞いてください。興味のない私はやりません。

 

私が入った生命保険や医療保険はPDやうつの発病前だったので当時はいろいろ質問項目が面倒でした。さらに若くて至って健康でしたので、該当する箇所は無し。唯一タバコの本数のところは細かく聞かれました。他にはお酒は飲み会程度、入院も手術も既往歴もないということで問題なしでした。

なので、よく保険の見直しが来ますが、変えられません。

といっても保険料を払い続け、1回もそれを使ったことはないのですが。。。

 

おっと1670文字。長くなってしまいごめんなさい。

 



スポンサーリンク