読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



調子が出ない

メンタル一般

これから薬飲みます。

自殺願望がほとんどないのが救いかもしれません。

逃げてきた人生ですが、追い込まれていないせいか、ASで鈍感なのか、一瞬過ぎりはしますが死はあんまり考えません。

1回目のとき私の抑うつ状態が嫁さんに飛び火したとき「自分の存在を消したい」「居なくなりたい」という気持ちになったそうです。私には未だに理解できない気持ちですがその結果は階段を上がって行ったということです。

で、本題。後ろ向きなことです。

虫のいい話になってしまいますが、もう隠居したいです。

ここ2,3日の生きる意義、幸福論、生きる目標にリンクしますけど疲れました。

楽になりたいです。アーリーリタイアメントというのがあります。日本ではなじみがありません。この歳では外国でも早い余生生活です。

あと20年がんばらなけれな行けないんだぞと上司は言いました。

前々回のボスは上に上がるためには3年で20本必要だ1年当たり7本。

この数値目標は何でしょう。私にはキツイ、しんどいノルマでしかありません。

それぞれの分野で生きていく、家族を食っていかせるために労働して賃金を得て生活しなければならない社会構造であることは重々承知してます。

人間だれしも楽したがる。と言っていた上司もいました。この場合「さぼる」の意味ですが。

 

子供のころに、親に今苦労しておけば、将来「楽」になると言われつづけ、頑張ってきました。きたつもりです。空回りして頑張ったエネルギーの数パーセントしか職場や社会に貢献してないかもしれません。

頑張ってきたつもりですが一向に楽になりません。

生きにくさ、一般社会からのズレがそうさせているのかもしれません。

十分、良い生活が送れてるじゃん。まわりも理解があり、復職を望まれ受入れてくれる同僚や職場があるなんて恵まれてるよ。って。

うん。みんなありがとう。

でも、やっぱり心が楽じゃないんだな。

 

少子化高齢化社会になってきて、若い人たちがますます苦労して「老害」と呼ばれる立場なのに早くリタイヤしたいって、虫が良すぎますか?

実はアーリーリタイアできる人は、若い時にすごく頑張って蓄えのある人ができるものです。外国の話でも。

 

気持ちや考え方の入れ替えでなんとかなるものなのか、はたまた存在を消すか。。。

 

まずは薬を飲みます。

 



スポンサーリンク