読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



アスペルガーとAD/HDの両方?

重要項目 アスペルガー症候群(ASD) 考え方を変える材料

AD/HDも一緒に持っているかもしれません。

 

以下の番組の方ほど重症では無いと思いますが、後半のAD/HDとアスペの2つ持ちの可能性があります。連続体で境目が無いので傾向でしか表わせませんけど。

 

ちなみに、今の主治医からは言われたことが無く、前回の女性の意志からはアスペの「気」だけは言われました。

次回、うつ病だけの診断を出した。主治医に聞いてみます。

紹介状を私の前で読んでいるときにアスペルガーなのかぁって声に出てましたが、納得しているのかどうかわかりません。治療にはスルーなような気がします。

 

一応、公式っぽいので貼り付けます。

 


ザ!世界仰天ニュース「空気がわからない女性」(アスペルガー症候群) - YouTube

 

もう1つ、

「発達障害ADHD・アスペルガー症候群」ザ!世界仰天ニュース - YouTube

 

ちょっと子供のころからの行動を記憶の範囲で整理します。

 

子供のころの記憶が薄れているけど、確かに普通の人からは変わっていたのを憶えています。いろいろ迷惑もかけたような覚えもあります。

ただ、生きにくいとは思っていませんでした。

小学生のときは今思えば多動の振る舞いが多々出ていたのを憶えています。

 

中学生の時は変わった性格が、出る釘が打たれる的な、ひどいイジメに遭い、後半静かにしてました。ただ、現在のような集団のシカトとかはなく、(変とは思いながら)仲良く遊んでくれたグループが2つありましたので、登校拒否にはなりませんでした。親が厳しかったってのもありましたし。

高校に受かってから、中学後半2年間のイジメを受けてきたことを告白しましたが、父親はだんまり、母親はイジメに対しての憤慨ではなくただ私が泣いているからと言ってもらい泣きといってました。真意は未だわかりません。

 

高校は自由奔放で遊びまくりで成績はダダ下がり。ただ、部活のとき先輩からの電子回路設計、当時のパソコンを使ったプログラムやハードウェアの知識を得ました。

 

大学入試は一回失敗で浪人。

 

2回目でなんとか入れました。一人暮らしがうれしくて、ホームシックには一度もかかりませんでした。むしろ実家から離れられてラッキーと。3年生まではこんな感じです。

 

4年生の研究室生活からちょっと変わってきました。

こればまた別途。

 



スポンサーリンク