読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



あいやー

うつ病

長男が気持ち悪いって昼前に帰ってきちゃった。

明日、定期試験初日なのに。。。

確実においらに影響されてるな。

おいらの実家に帰るっていう選択肢もあった、むしろそれのほうが確実にリセットできるとのことです。

勝手な話だが、これはアスペではなく「うつ病」治療の常とう手段で家族とも離れて1人になる時間を確保。もちろんその人その人の状況によりけりだけど。

 

前回の会社の産業医が若くてとても良くできた人で(産業医と人事部がつながっている悪い話よく聞く)、本人はもちろん上司や人事に対して適切な指示を出しました。

 

自宅療養の指示だ出たとき、いろいろ職場の迷惑とか不安はあるけど、休めるんだーって、とにかく「何も考えない・考えちゃいけない期間」が設定されます。

ところが、家にいると仕事人間の血が騒ぐのか、家事を手伝ったり、子供の世話をしたりで、実は全然心が休まらなく、復職直前で悪化して休職延長とか、すぐに再発したりするそうです。

保険加入の弊害の話もしましたが、入院が1番だそうです。と言っても重度患者さんの病院とかではなく、病院内に、もちろん入る必要はないのですが、将棋、ダンス、ハイキングなどのサークルがあったり、同じような境遇の人たちとの座談会があったりする施設です。ここも、地方中枢都市ですがそういった施設はありません。

そこで、実家ですが、今は和解?しましたけど根性論の父親。あーだこーだ言われるのがわかってます。とにかく干渉されない環境が必要です。

 

と、自分の話になってしまうのですが、長男くんがねぇ。真似されているというか。困ったものです。

風呂入れを任されている双子がついに「お父さんなぜ会社行かないの?」って(苦)

自宅警備員だからだよ」ってのはウソで「在宅勤務で家のパソコンから会社の自分のパソコンを操作してしごとしてるんだ」と用意された回答を。

 

嫁さんの両親も、おいらのせいで疲弊してるみたい。こもりっぱなしだけど。何かしら、お互いに影響与えちゃうんだよね。

 



スポンサーリンク