読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



昨日の定期診療:ASでも発達障害でもない?

重要項目 アスペルガー症候群(ASD) うつ病 考え方を変える材料

真面目な話です。

夕方になって、2週間おきの病院に気づき、急いで病院に。

 

一連の流れを記します。みなさんのお役にたてば。。。

 

主治医、まず最初に、「今の生活飽きてきたでしょ?」。

「ブログを始めているぐらいなんでそうだと思います。」

「それは確実に快方に向かっている証拠ですよ。」

とのこと。安心材料その1

 

で、聞きたかった「発達障害」「アスペルガー症候群」からの2次的な「うつ病」ですか?との質問に、

主治医は、「そんな発達障害とかある訳ないでしょう。○○さんのパーソナリティと仕事がうまく合わなかったからうつ病を発症しただけですよ。」

抑うつ症状や統合失調症が見受けられれば、それに効く薬を出す。

邪推するに、うつや統合失調症は「症状」であり「病気」ではない。もちろん症状を生みだす「原因」はある。

 

本で見たこと、動画の内容などで、そう診断されて「安心した」事例を言ってみた。

発達障害という診断を出す精神科医もいるけど、そういうくくりではなく、○○さんは○○さんだけのパーソナリティをもったものだから、私はそういう診断はしたくないですね。」

ちょっと不安になる。意味がわからない。

 

隠れた名医なのにネット上ではリストに上がってこない。

種明かしをしてくれた精神医学会からは脱退したそうだ。真実はわからないけど。

先回りして、「先生には失礼ですけど、以前こんなことを聞いたことがあります。精神科医や心理学者は、とにかく症例を分類するのが仕事だって聞きました。」

主治医は、いやな顔せず同意してくれた。学会ではとにかく型にはめたがる。いろいろな症例をみて枠だけを作る。患者にはなんの解決にもならないのに。

専門用語がでてきた「患者さんみんなボーダーなんですよ。どこの枠や型にも入らない。」

つまり、個人個人がすべて違っていて、型にははまらないと。型の要素の一部は持っているかもしれないが持っていない場合もある。さらに相反する型の要素を持っている可能性もあるから、ぜんぶ個々の異なる境界(ボーダー)の上にいるから分類なんてナンセンスだそうだ。

主治医のポリシーは、学会の決めた基準には沿わず、患者個人のパーソナリティを考えてアドバイスや投薬を行っている。冗談だとは思うが、すでに学会の取り決めなんか見てないとのこと。

案の定、「DSM」の話をしかけたら、言葉を遮られた。

精神に関する疾病を分類するアメリカのDSM精神障害の診断と統計マニュアル)が昨年5版まで上がった。DSM-5というやつだ。

DSMね。みんな好きだね。5まで上がっちゃったよ。意味のない議論をしているね」

みんなは、医者を指しているとともに、私のような分析好きの人間を指しているようだ。

1人1人みんなちがうパーソナリティを持っているのに基準なんか作っても無意味で、個々の治療をしていくのが私のやり方だし、こうやって医者の仕事もできている。患者さんは治って行く。

今日のキーワードは「個々のパーソナリティ:人格」だった。

期待した答えが返ってこなかったので、ちょっと残念だったが、後で理解した。

 

期待が外れたついでに、アドバイスがあった。

医学で普通の病理で原因が分かっているのは6割程度。精神医学に至っては3割しかわかってないところで、「これを会社や職場の上司に言って理解してもらえると思いますか?」って逆に聞かれてしまった。

先回りして言われた。「確かに大きい会社ではメンタルヘルスの教育がなされているようですが、実際効果が出ているか疑問ですね。」

私は聞き返した。

発達障害アスペルガーと診断を受けて自分の安心材料にはなるけど、職場に戻ってもなんの盾にはならないってことですよね。」

主治医は、

「我々医者だって発達障害アスペルガーのことが分からないのに、周囲に理解しろってのが無理な話です。分野違いの職場に精神疾患の勉強をしろなんてナンセンスですし、○○さん特有の対処法を伝えるなりお互いに話合う必要があると思います。」

あくまで、主治医は個人個人から話を聞き、個々にアドバイスするスタンスだ。

そして、繰り返された。「今回、うつ病自宅療養の診断をだしたのは、○○さんの特有の性質がたまたま仕事についていけずトレスがあふれちゃっただけですよ。」と。

理系人のおいらには、原因がはっきりしないのは釈然としないが 、事実ではある。

 

今回は、これらを憶えるだけで精いっぱいだった。

次回「私特有の対処法と私特有の心がけ」について聞いてみたいと思う。

 

最後まで読んでくださった方、ありがとうございます。約1870文字です。

 

追記:安心材料その2、その3が出てこなかったことはご愛敬。

 

 



スポンサーリンク