読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



昨日の定期診療2

アスペルガー症候群(ASD) うつ病 考え方を変える材料

そういえば書き忘れてました。

月2、3程度ですが、診療代、薬代もばかになりません。

どこの自治体にもあるようですが、自立支援の助成(精神通院)と、

なんでわざわざ「精神」とかつけなあかんねん。って前の主治医の女医さんが勧めてくれたのが関西で、会社7割、自治体2割で本人1割負担という支援を教えていただいて、引越したこちらでも申請して、助成を受けてます。

年一回は、自治体に診断書をださなければいけないので、嫁さんに委任状書いて申請を頼んでいます。そこで個人情報漏れが最近問題になっている役所ですが、診断書を無尽蔵に取り出し、申請書と一緒にコピーを取ってるそうな。無理を承知でお願いしておいたんですが、診断書のコピーをもらうことができました。

 

主治医の患者への心遣いをそこで感じるようになりました。

 

休職の診断書の前に、役所に提出した助成用の診断書なので書く項目がたくさん。

症状、経過、治療方針、投薬状況などなど、女医さんも言ってましたが、申請を通すために少し強めに書くそうです。

そこにはアスペルガーの文字はありませんでしたが「発達障害」が書かれていました。

 

本で勉強したように、一般の分類であれば、アスペASは発達障害に含まれる形になります。

私が職場で困難を感じている、仕事のリスト化、納期・重要度を考慮した順位づけができない症状理由をつけてくれたんだなと思いました。

医師でないにしても、それなりの専門家に判断してもらうために、わかりやすく断定的に書いてくれたんだと。患者である私には発達障害じゃないと言ってくれる主治医に感謝です。

それと、アスペの良いところが功を奏した私の今までの成果について、「そういうところも○○さんの特性ですから、どんどん伸ばしていきなさい」と。ただ、アスペとはとは一言も言いません。

思うに、アスペとか発達障害と一度は原因が確定して安心するが、思い込みによって別の弊害が生じるのを事前に避けた治療法を行っていると見ています。

理系なのかアスペなのかわかりませんが、なんでも理由をつけたい自分と、職場理解が得られないことを感じ取れない自分がもどかしいです。

 



スポンサーリンク