読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



やっぱり病名を@理系

ブログ一般

おはようございます。

CPAPつけなかった。

8時朝食。

 

理系なのか、やっぱりなんらかの病名はつけてもらいたい。

メンタルでなく、調子が悪くて内科とか行くと、特に問題はないですね。

と、最初に訴えた、自分なりの症状、風邪とか胃の不調とか、の薬が出されておしまい。ということが多い。自然治癒力で治る範囲との判断で、安心材料で軽い薬を出すフローと思っていますが。。。

常に形を変える風邪ウィルスに直接効く薬をつくればノーベル賞ものだと言われてるほどなんで、結局、人間の自然治癒力に頼るしかなく、出される薬は対症療法でしかない。

患者が妙な知識をつけてしまい、医者もやりにくいだろうが何らかの病名なり判断が欲しいところです。

そういえば、人間ドックで要再検査だった眼底検査で緑内障の疑いのある結果が出てた。前の記事にも書いたが、眼科に行き裸眼視力からメガネの矯正視力、老眼の一連の関係なくはないと思うが検査を受け、結局医師が眼底を直接見て「正常と緑内障の間(あいだ)ですね。ということで緑内障ではないです。」と即断。加齢でだれしもが通る目の機能の衰弱なのか、説明用のパネルをサッと見せておしまい。

確かに医者の診断は聞いたがいまいちしっくりこない。

 

前回、関西で目の充血かなんかで眼科に行ったとき、ついでに先生が患者の目にライトを当て先生の目に装着する簡易的な顕微鏡(?)のようなもので前述の症状が見つかった。即精密検査、瞳孔を開く目薬をつけて20分待ち、なにやらごっつい装置で、問題の個所の視神経と血管が眼球から出ていくところを検査。超音波か何かわからないが、表面からだけなのになぜか断面が検査できる。わからないデータをみせられ、緑内障の片鱗もないことが告げられ安心する。会社の定期検診にばらつきがあるようで、40過ぎたら眼圧や眼底検査が必要なのになんで省くかなぁ。とぶつぶつ文句を言いながらおしまい。

それなりのデータをみせられて問題ないを言われたらそれは安心する。

 

やっぱり、理系だから専門分野外でも数値データなりグラフを出さないと納得いかないのかなぁ?

 



スポンサーリンク