読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



パニック抑制回路

パニック障害(PD)

病気の治療とか、テクノロジの発展とか、こういう基礎研究の積み重ねで実現するので否定的ではないんだけど、あくまで「期待」であって特効薬にはならない。こういう原理的なメカニズムの解明のほうがおいらにはわかりやすい。プレスリリースとか論文とか読んでないんで、一概には言えないが、得てして突っ込みどころは満載なんだろうな。

自分も研究してても、外野はうるさいから(笑)評論家気取りで。。。

新薬の効果を示すために二重盲検法なんかが使われ思い込みを排除した結果が、薬のデータとかに載ってるけど、結構60%の効果が認められた!とか効くんだか効かないんだか微妙なモノも多い。原理も分からず再現性があるし、副作用も少ないから認可されるのだけど、どういう薬の成分によってどのような反応が起こって、細胞のどこに作用するのかが見えないのは気持ちが悪い。

実際、大学と製薬会社で癒着してデータ改ざんが見つかり薬の効果なし、なんて自分の利権重視で患者側をバカにしてるとしか思えない事件も起きている。もちろん、そういう事例はほんの一握りに過ぎないと信じていますよ!

なんでも懐疑的になってしまうのはいけないことですね。ただマスコミの報道にはいちゃもんをつけたいと思います。


Yahoo!ニュース - 理研、パニック抑制する細胞を発見 - パニック障害の治療法改善に期待 (マイナビニュース)

 

そうそう、やっぱりPDやうつ病には「セロトニン」は欠かせないのは事実だね。

こっちの回路は Radix-4 SRT法 除算回路 とかなんだけどね。



スポンサーリンク