読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



アスペの電話対応

アスペルガー症候群(ASD) 考え方を変える材料

定期的に通っている病院が心療内科睡眠時無呼吸症候群SAS)の内科の2つ。

この前の眼科。

基本的に心療内科は次回予約なしでちょっと時間があるときに行けそうな日に当日予約。それ以外は、直接出向く。たまに先生都合で休みだったりすることがあります。

電話かければいいのに。

電話苦手です(笑)

 

分野が違うけど、雪降る所なので冬タイヤが必要。8月にクルマを換えたからタイヤも換えないと(形状がかなり違うので使い回しができないことは調査済み)。タイヤはかさばるので、引き取ってもらえるか、引越してきたときに買ったクルマ用品店に電話して問い合わせる指令が下った。

と思ったら、ケータイに0570の電話がかかってきた。変なところじゃないことはだいたい想像がついたので、出てみる。嫁さんが使っている私名義のクレジットカード会社からの住所変更がないかの問い合わせでした。関西の住所のままだったので新しい住所を知らせる。この程度の事務手続きは問題なしです。。

で割り込まれた、クルマ用品店に電話、余計なことを言うクセがあることは前から指摘されているので簡潔に問い合わせ終了。

 

前の企業での外線はほぼ皆無。

今の職場は、業者さんとは機材の購入、事務と予算や契約の話、営業からの新たな機材の紹介の対応などなど、この辺りは初級編。

100万円を超えるような機材のスペックのつめ、ソフトウェア発注で各機能と額の組合せの交渉となると結構疲れます。中級編。

取引先などのお偉いさんとか、職場でも社内の違う部署の部長級とのお話は、すでに汗をかいている。以前に自分が昔の記事で吠えていたけど、上司いわく、この会話や発言が、この部署ないし会社の発言として取られるので「十分注意するように」とごく当たり前のことですね。臨機応変さがないASにとって十分注意しろってのは指示もないのも同じです。上級者向きの対応です。

 

鉄人28号を操縦する少年の金田正太郎くん並みの指示。

「行け鉄人」「負けるな鉄人」「いいぞ、もっとやれ」「よし、止まれ」

などの操縦レバーはほぼ意味無しで音声認識しているとしても、かなり抽象度の高い指示。

会社でいう「適当(適切)に処理しておいてくれ」と同レベル。

これをコンピュータで実現するとなると、かなり高度な処理能力を持つハードのCPU、いろいろな場面を想定した処理ができるソフトのプログラムと、問題と処理とそれがOKかNGかを関連づけた過去事例の大規模なデータベースが必要になります。

すでにCPUの計算が間違うASですから、間違っても自己回復するプログラムでも対処できません。いわんや、データベースを検索して該当する問題がなかったら、処理が停止します(笑)

健常者は、コンピュータではないので(もちろんAS患者もそうだが)過去の似た事例から「連想」ができ臨機応変さや、行間を読むことができると考えています。

 

電話対応などで、気をつけていても相手に不快な発言をして気付かない、それが発達障害アスペルガーです。怒られたとしても理解ができません。だから社会通念の経験をメモっておいて次にはそれをやらないようにするしかないと思っています。

 



スポンサーリンク