読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



最近のモノ2

理系/文系

最近ではないけど20年ぐらい持ち続けているお気に入りです。f:id:multiplier:20141124191636j:plain

実家が静岡なので、寄木細工が名物な箱根で買ってきたものです。

こちらは正確には寄木ではなく組み木細工のいわば、木の知恵の輪みたいなものです。正八面体の形をしています。

外国人向けに図での説明書しか入っていません。私でもわかりにくいですね。

f:id:multiplier:20141124192612j:plain

おそらく、この図だけでは、一回バラしたら元に戻せないでしょう。

設計図の拡大図。

f:id:multiplier:20141124192737j:plain

ちょっとボケていますが、数字が書き込んであるのがわかりますか?

最初にバラすときに部品1個1個の隠れる部分に番号を書き、設計図上の数字の部品位置と合うようにしています。青の四角で囲った部分は、黒く塗りつぶしてあり、そこのくぼみから、部品を入れていく位置を示しています。

まだ、パソコンも普及してなかった時代にこの設計図を作るのは苦労したかとは思いますが、さて、お土産で買っていった外国人を含めすべてのユーザに伝わるかは、疑問ですね。

 

機械モノの分解は、最近は歳のせいもあり改造や修理のときだけにしていますが、スプリング(ばね)がピーンと飛ぶか、ポロっと落ちた時は、完全再構築を50%あきらめます(泣)

それが、どこにあってどことどこに引っ掛けてどれだけの圧力で配置してあったのか、を予想するのが非常に困難だからです。

 

 



スポンサーリンク