読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



嫁さんありがとう

考え方を変える材料 アスペルガー症候群(ASD)

そろそろ、動かなきゃ。

今日、朝のやるべきことのToDoリスト written by 嫁(良きマネージャです。管理職のマネージャではありません。)

f:id:multiplier:20141126175426j:plain

こんな簡単なことさえ、ToDoリスト化しないと動けないおいら。。。

ありがとう、嫁さん。カサンドラ症候群(医学的にはまだ未認定)にならないでね。

 

みなさん、ひけらかしのおいらを許してね。

休職直前の上司から言われ作ったToDoリスト、内容はもちろん伏せてあります。

 

 

f:id:multiplier:20141126175844j:plain

右側がほぼそのフォーマット。本来の仕事は開発中・成果実績のところ。

左側の赤字と黒字太字は、後からおいらが付け加えた各業務の概要。

黒ひし形は大項目、白四角がやるべきこと。黒四角は終わった項目。

ToDoリスト化はほぼできているが不完全。各項目に納期(日付け)が記されていないことはマズイ。進行中のものにも納期は書くべきとのこと。部下の教育内容等が漠然としすぎてわからない。などなどの注文。

基本シーケンシャル(1つ終えて次に行く)作業が得意で、パラレル(並列)処理・ある程度で切り上げて、TSS(時分割処理)で別の処理に移るのが大の苦手。頭が切り替えられないです。

ここは、確かに自分では何を改善すべきか、何らかの方策を講じるべきか、が必要です。

当時、リスト化された各項目の重要度、順番、スケジューリングがまったくできず、「どれからやれば良いですか?」の質問もできず、さらに自分では処理できない項目で「できません」の判断さえ無理でした。

これでも、7月のSOS発信で結構減らしてもらっています。

 

もっと、仕事できる人は、分単位で体一つをスケジューリングして業務をこなしているんでしょう。それには、重要度による力の加減、後回しにできたり切る仕事の早急な判断、突発的割り込みの臨機応変な処理、

が必要なのでしょうね。

 

それ以前に、人とのコミュニケーション部分も直さないと(気にしないと)いけないのですが。。。

 



スポンサーリンク