読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



と言っておきながらすれ違い

アスペルガー症候群(ASD) 考え方を変える材料

休みで心に余裕があったのに、すれ違い。

 

社会から私がズレているのは認めますが、それなりにこっちの世界で苦労してますし、今日はいろいろ活動して疲れました。体力的にも精神的にも。

あるランキングのASカテゴリに、ASの配偶者を持つ方のブログも何件か見つけました。客観的にみてお相手が健常者でないので苦労されているのはわかります。何で気が付かないんだろう、何十回も言ってるのにわからないのかな?という語句が目に留まります。嫁さんに見せたら、別の箇所の、良い発言や理路整然とした考えを見つけてきます。

 

私は発達障害とかアスペルガー症候群という特殊性に「甘えて」しまっているのでしょうか?

 

動物学的には、自然淘汰で到底生き残れない。

人間社会的には「人権」という名で、うわべでは保護対象になりますが、つまはじきです。

 

現在、かなり自虐的になっています。

 

私は存在しないほうが良いのでしょうか?

健常者社会に歩み寄ろうにも何をして良いのか、健常者が何を困っているのか理解できないので、こちらも対処ができません。

 

次の打つ手が見つかりません。。。

 



スポンサーリンク