読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



カサンドラ症候群

アスペルガー症候群(ASD) 考え方を変える材料

久しぶりにケンカしました。嫁さん90%、おいら10%の譲歩で仲直りしました。

タイトルの症状、簡単に言うと、アスペの夫を持つ妻に生じる心身の苦痛もしくは2次的うつやPD、を言うらしいです。

最近知りました。医学用語ではないそうです。

旦那のASに苦しむブログがたくさん見つかります。

客観的に、奥さんたちはそれぞれ苦労してるんだなって思います。

カサンドラの条件として、お互い、夫が自分がASであること、妻がパートナーがASであることを認識していることらしいです。

原因不明だったら、ギクシャクした夫婦関係すでに崩壊状態なはずで離婚してるはずです。世の奥さんたちは、特に子供がいる場合、離婚も難しいので原因を探ってカサンドラにたどり着くようです。でも、原因は自分ではなく、パートナーのほうだからコントロールできず疲弊してしまっていると。

全国に自助会があります。それだけ深刻な問題みたいですね。

もちろん、他の疾病に悩む夫婦だったり家族を支援や情報共有する団体もあり、それらからするとまだ小さいものですが、存在はすることと悩まれている奥様方がいらっしゃるは事実です。

 

自分のASの症状で自分の苦労だけでなく、嫁さんを含む周囲の人たちがどれだけ迷惑かけているのかは、わかりました。

ただ、私自身の気持ちとしては、傷口が広まっただけで、何の対策も打てないままです。。。

 



スポンサーリンク