読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



私の特徴

カサンドラ症候群 アスペルガー症候群(ASD)

自己分析です。

まずは、言葉の定義や前提条件から。

「普通」「一般的」といった場合は、通常普遍的なものは存在しなく、時代によっても変化しますし、あくまで相対的なものであったり、マジョリティによって社会通念の常識のことを言いますが、ここでは簡単に健常者(非AS)の考えや行動をノーマルとしましょう。

さらに、ブログ最初から共通することですが、幼少期に診断され、支援が必要な生活に支障をきたすASD患者の方もいらっしゃいます。ここでは、それほど重度ではなく、大人のアスペルガーとよばれる、平均30代後半で見つかるASで、ちょっと変わってるけど周りからは見過ごされ、本人も違和感を感じつつも気づかなかったレベルの当事者を対象にします。

あと、仕事も一応でき、結婚をしているとします。

 

私は、アスペの2次障害のうつ病で休職しています。職種は変わりましたが2度目の休職なので、経緯は別でも共通性を見出しました。

復帰に向けて職場環境と自分を変える材料と、3回目の再発防止策を考えてきました。

 

ところが、もっと身近に問題があることを見逃していました。AS本人は、自分がASであることを自覚しながらもパートナーを無意識に物理的、精神的に攻撃しており、パートナーがかなりの苦労をしている、もしくはすでにうつ病などの障害を起こしてしまっているカサンドラ症候群にさせてしまっていました。お断りですが、私は医者でもないですし、カサンドラ症候群はまだ精神医学では認められていないので、一事象として捉えていただければ助かります。

また、通常はAS夫に健常妻が大多数のようですが、前述のように逆もありうることもあり両方に通用するように書きました。

 

ブログ管理者の場合は、大多数派のAS夫の健常者の妻である嫁さんの事象です。

数個前の記事にありましたが、些細なことですれ違い、それが発端でケンカにまで発展してしまっていろいろ考えるところ有りと判断しました。

 

前置きが長くなって申し訳ないですが、AS特有の普通のことが理解できない、一般的な分別の欠如は、嫁さんはうまくかわし、我慢もしている、伝える内容は経験が無いようなことは事細かに指示を出す、などの処世術を身に着けているようです。我慢のところはストレスなので貯めるしかなく、たまに爆発しています。

 

私特有の特徴としては、一般的にいえば「頑固」な点ですかね。

さらに、大人げなく「むつける」。とりあえず争いを好まない嫁さんから折れてくれることに素直に応じられない。逆に、その譲歩を「誠意がない」と突き返すありさまです。

 

嫁さんと出会う前からこの傾向は、友人などに対しても大学生卒業までありまして、どうしようもないまま放ってありました。歳を重ねるとずいぶん減って、就職したらさすがに職場やお客さん前にはそんなことはできないぐらいの分別はありました。ただ、彼女時代、結婚してからの嫁さんに対しては相変わらずで、記憶をたどるのが心苦しいくらいです。落としどころを見つける手段を模索しないまま今日まできました。

 

幸か不幸か、休養が取れ、心に若干の余裕ができている今がチャンスと、私が意識的に変えられるであろう頑固さを取り除く努力をしてみたいと思います。

今回のケンカというか、一方的にこちらが悪いのですが、一晩は意地を張ってしまいいつもの長期化の様相をみせたところ、次の朝、意識的に私の方から譲歩してみて、この一件おさまりました。私からすると結構なストレスですが、長期的、マクロな視点から見ると、この「解法」のほうが良いことに気が付きました。

 

私がストレスなくどう意識改革するかは今後の課題です。

あと、私の特性を理解してくれている嫁さんでも、職場では理解の無い健常者の集まりです。仕事遂行目的で構わないので深い理解はいらないのですが、ある程度の説明は必要です。この状況をどう応用できるかが模索しなければいけないもう一つの課題です。

 



スポンサーリンク