読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



いまのうちに

アスペルガー症候群(ASD) 考え方を変える材料

昨日の仲直りした朝に、嫁さんが書いてくれたToDoです。

もったいないので出しておきます。この辺が無神経かな?

f:id:multiplier:20141128122107j:plain

嫁さんは、最近私のブログが字が多すぎて面倒で見ていないようです(笑)

ここに来てくださっている方はご存じだと思いますが、このブログの存在を知っていますし、熱中し過ぎて体調崩す原因ならやめろって言われてます。

方針変更したのも知らないと思いますが、ブログ自身が備忘録となりなんでもネタにしろって言ってくれます。皮肉なのか冗談なのかわかりませんが、私はそのままの言葉を受け取ってます。

実はこれを公表してあまり恥ずかしさも感じないのもASのせいかもしれません。

2番目の「昼食を取る」なんて当たり前のことがわざわざ書いてありますが、お弁当食べるのを忘れて夕方気づき急いで食べるけど夕飯が食べれない。という事例が2回ほどあったからです。

3番目も、今度は私がやりすぎ。転職人生なので年金額が低いのがわかっていますので積み立てをしたいとの嫁さんの要望で、銀行経由保険会社の生命保険と言う名の年金みたいな商品に細かいことはわからないけどFXみたいな損しないならOKとの確認をもらっていました。

散歩先が銀行です(笑)このへんが極端なんだろうな。

契約してきました。さらに1%金利がつく優遇の短期定期も目一杯の額作ってきました。数十万の元本割れしないものです。法令による重要事項説明を一字一句聞かされ、普通でしたら眠くなるような手続きを延々2時間、担当の方も大変だったでしょうが、座っていたせいか、IKEAほど疲れませんでした。

 

中間試験が返ってきた、ふてくされ気味の長男くんが、理系お父さんなのに数学が一番点数が低いのは問題ありとのことで、小学生のころからやってはいるんですが、何回か一昨日くらいに、テストを一通りやり直しました。長男くんも理解できたようで、横で本を読んでいた嫁さんからも教え方が感情的にならず家庭教師みたいだと好評だったので、2年生のたまった教材を私の観点でやるべき問題を抜き出しそれを教えるとのミッション。

おいらのスペックにもあったように教員免許がなくとも教えられる大学で、4年半で十数人ほどの学生さんの卒業論文修士論文の指導補助をしてきました。補助と付くのは、博士号を持っていて研究実績を積んで講師、准教授、教授まで昇任した地位の教員でないと直接の指導は、国立大学ではできない決まりです。実質対面で実験結果を聞いたり、教えたり、方針転換したりするのが私で、順調かつ方向性にまちがいがなければOK。つまづいたり、研究の方向性に難有りとなると教授を含めた打ち合わせになります。研究は先が見えないので成果が出るかはわかりません。結果を見つつ、学生さんの感触も聞いて、アドバイスなり方針を決めます。勉強であれば答えがあるので学生の皆さんは優秀ですからできるのですが、新しいことを創造するとなるとガラッと進み具合いに個人差が出ます。こちらも与えるテーマもたぶん良い結果が出るであろう内容を何個か用意して学生さんに選んでもらいます。それでも、教科書に載っていないことなので、挫折して学校に来なくなっちゃうことも多々ありで研究指導補助もたいへんです。

お得意の脱線しました。勉強も研究も、どう面白く見せるかでモチベーション、テンション、集中力がかなり変わります。中学校の先生がどう教えているかわかりませんが、私なりのアナロジー(簡単・現実的な例への置き換え)を駆使して教えます。

関数は写像(とはいいませんが)、連立方程式ガウス平面上の交点、共通解となるべく目に見える形で説明します。あと、もうすでに直らないのですが字が汚いこと、下手でも丁寧が大事だというのはもう少し粘ってみます。採点する側に立てと。まだ中学なのでAll or Nothingなんです。今後、部分点がもらえる可能性で、あきらめず手をつけさせようにしています。誘導問題で小問に分かれているのは出題者の意図をそれこそ「察する」ように無機質な問題をお前を試してやると挑発しているモンスターがいるんだぞ、さあ、戦ってこいと興味を持たせます。ご丁寧にちょっとした謎解きのエサまでばらまいやがる。まさに中二病なんでこんな簡単な手にはなかなかのってきませんけど(泣)

最初が外れると総崩れになるので、誘導問題にはもともとリスキーではあります。やる気のない子にとっては。

教え方講座になってしまいましたね。得意分野だと全部しゃべらないと気が済まない悪い癖です。

「その話、私が聞かなきゃいけないの?」と職場の愚痴をスパッと切られる嫁さんのような人が必要ですね。

 



スポンサーリンク