読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



嫁さんはカサンドラ症候群ではないか

カサンドラ症候群 アスペルガー症候群(ASD)

微眠概休さんのカサンドラ症候群の記事コメントへの回答

 

まず、タイトルの件は、私は2,3日前です。

アスペ夫の配偶者さんのブログを見つけて名前を知りました。

内容を巡って今回のケンカと私の心変わりのきっかけです。

 

前回の関西での主治医の女医さんは、夫婦で来てもらいたくないと言われました。片方が患者でパートナーは健常者で診察室に入るということではありません

嫁さんは私の1回目のうつ病に引っ張られて、病院にかかりました。夫婦それぞれが精神に関する患者で同じ医者にかかるべきでないと

 

ただ、パニック障害の初診、1回目のうつ病の初診、2回目のうつ病の2回目診察のときに、症状がうまく説明できず健常者として同席してもらい、私が話すと支離滅裂になる経過の説明代理とパートナーがいる前では医者は話づらいでしょうが、治療方針とそれぞれ心がけみたいなことを指示されました。

 

実は、1回目のうつ病がひどくなり、休職せざるを得なくなっていたときは嫁さんもかなりの重症で、同じ病院の同じ女医さんに診てもらうことになりました。今回2回目の休職前の調子が悪くなり始めた時も嫁さんは抑うつ状態になり現在は別の病院に通ってます。

 

うちの嫁さんは自発的に病院に行きました。1回目は嫁さんがへろへろだったので私が連れていく形で、2回目は自分で職場近くの心療内科を探して行きました。

 

相手を変えることは自分を変えることより難しいというのは同意です。

次元が違うのも承知のうえです。

 

関西の女医さんは私に対してはアスペがわかり始めてから聞き役に徹し、アドバイスはあまりなし。前の記事がちょっと見つからないです。薬の量を勝手に増量させたときには嫁さんに私の会社に電話をかけさせるくらい。さらに前回は原因となる上司が気になってしようがないので「無視」してください。これも異例ですが、嫁さんから会社へ別の上司へメールで、できれば席位置を当該上司から物理的に離すようにお願メールを出す。といったかなりはっきりした診断をします。思うに、私はすでに当該上司を仮想敵とみなし仕事がやりにくくなっているだけで、私自身は変われない。話を聞くだけになったと邪推します。

 

ところが、隔週の嫁さんには、事細かにアドバイス、とにかく大変な旦那を持った苦労への頑張りを褒め、どうしても我慢できなければ離婚の可能性も示唆したそうです。まだカサンドラ症候群という言葉さえ知られていなかったとき、発達障害を持った夫の妻が疲弊している症例が多かったようです。

 

微眠概休さんの奥さまが健常者であって、微眠概休さんに疲れているのを認識しているのであれば、自助会などに相談を勧められたらいかがでしょうか。

医療行為すれすれなので、同じような悩みを持つ夫婦の一意見としてとらえてくだされば助かります。

 

すいません、後半は良く理解できていません。カサンドラ症候群もいずれは精神学会の分類に入ってくるでしょう。前にも書いたように精神医学会は分類や新しい症例を定義するのが大好きです。それが世の中に広まり理解されるかはまた別問題です。

扱うもの次第という言葉を借りれば、私利私欲のマスメディアがどう認識し広めるかにかかっている気がします。

いくつかの無差別殺人事件が起きたとき、ろくに検証もせず共通点はアスペルガーだという認識を世の中に植え付け、本当に困っている人たちの差別を生んだのもマスメディアです。そのような刺激的な情報を欲する世の中も問題です。

 

刃物に「接しないといけない」というのはわかりますが、この場合、どの部分に相当するのでしょうか。

 

ごめんなさい。理解力がなくて。ただ、知ったふりをするのはすでに止めています。理解が食い違ったまま物事が進むのは結果に大きくダメージをあたえるので。。。

 

追記:お礼の言葉を頂いてましたね。どういたしまして。微眠概休さんご夫婦が良い方向に行くことを願っております。私は、自分が変わらないといけない、考え方や、譲歩、重い腰を積極的に上げる努力をしたいと思っています。結果が良い方向に行くかはわかりませんが。



スポンサーリンク