読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



さすが嫁(別バージョン)の解釈

カサンドラ症候群 アスペルガー症候群(ASD)

微眠概休さんへのコメント回答修正。

ひねくれ長男くんに数学の1次関数と連立方程式を教えていた。

横で嫁さんが、4,5日ぶりに私のブログを見ていたらしく、私のとんちんかんな回答と言うか返事に笑いがこらえられなかったそうだ。

やっぱり嫁さんに聞くべきでした。

すいません。アスペなんで行間が読めませんでした。

微眠概休さんのほうがずっと健常者寄りかもしれません。

 

「真逆」「ありがとう」の意味を取り違えていたようです。

病院に行かない奥さんのほうが何らかの精神疾患で、健常者が普通口にする「ありがとう」の言葉さえもなく、ということでよろしいでしょうか。

さらに、奥さんのほうがカサンドラの定義を借りればアスペであり、パートナーである微眠概休さんが、その影響で精神を患っているのではないか?それを何年も考え続けたということと解釈しています。

 

アスペで頑固な私の、被害者(と言うには語弊があるかもしれません)となる嫁さんが、同じ立場の方のブログを見て私がちょっと言い過ぎじゃない?的なことを言うと、逆に共感する返事が。ここで、ああ、私のほうがやっぱりおかしいんだって。

気付いたことと、わかっている頑固をやめてみよう、もっと嫁さんに歩み寄ってみようと、休職で心の余裕ができたからこそろ思っています。通常勤務だったらこの気持ちは起こらなかったでしょう。この点に関しては前記事と同じです。

AS夫-健常者妻の関係で、AS夫が何かおかしいことに気づき、AS夫自身から変わろうという例は確かに少ないかもしれません。私自身、まだアクションを起こしていませんし。そういう気持ちが大事ですし、それだけでも十分とおっしゃって頂けると解釈しています。

 

カサンドラ「愛情剥奪」症候群ともいわれるこの関係は、この先どんどん表面化してくる可能性があり、アスペの割り合いも多いことがわかってきました。その数だけパートナーも苦しんでいるのだと。あわよくば、その実態をアスペ本人に理解はできなくとも知らせて、全員ができるとは思いませんが、行動はできなくともせめて気づかせる世の中の仕組みができれば良いなと思います。

 

最後の刃物の例えも、嫁さんの理解の範囲でわかりました。違っていたらごめんなさい。道具であり便利に作られた道具も、一歩使い方を間違えれば、人を殺める凶器にもなりうる。文字どおり扱うもの次第だと。人との関係、親子、夫婦、恋人、友人はすべてお互い接する側の考えや感じ方に応じて結果が変わってくると考えました。

 

こちらの間違った解釈としても、一石を投じて頂いたことには感謝いたします。

 



スポンサーリンク