読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



疑心暗鬼

アスペルガー症候群(ASD) 考え方を変える材料

職場からのメールは飛んできません。

同僚からこちらから無理にお願いしてこっそり職場での対応を別ルートで聞いています。基本的に面会謝絶。

ただ、取引先や発注先は私の状況を知らないのでメールCCに自分のアドレスが入ってしまいます。

先日、メールに知財部と特許事務所のやりとりがされており、自分のアイディアの出願したものに関する内容。

技術系企業でいえば特許はコアなIPであるのでその説明が必要なようです。

前回、別な自分の特許に関して、その関係で休み期間に入っているにもかかわらず、Skypeで内容確認。あとで同僚に聞いたが、そのSkypeもするかどうか、かなり上司は悩んだそうだが、重要事項カテゴリで吠えたように、上司の最後の捨て台詞にKO状態。確かにこの職場ではメンヘル休職者を出すのが初めてで対応に苦慮しているのはわかる。これについては申し訳ないと思っています。

とにかく考え方の土俵とか次元が違うのです。

 

一応、説明材料一式、先方からの質問の答えを共有フォルダに用意しておきました。

苦にならなかったし、上司との会話がある訳でもないので、むしろ良いリハビリになりました。職場はこんなことしてもらっても困ると思っているかもしれません。

さらに、ここに資料置きましたよメールは出せません。職場は私の仕事を肩代わりしてくれているので、出願特許の内容を見るなり、他の資料をみることで理解がある程度できると思われます。さらに、論文化しようと何回かその内容について上司とやり取りをしているので全くわからない訳ではないと思っています。

 

上司との直接やりとりに恐怖が拭い切れないのと、主治医曰くのこの生活も飽きてきて仕事をしたくなってくるよう方向ではあります。矛盾していること自体わかっています。

上司の徹底した仕事に関する情報を止めていることが、全く情報がないことです。当たり前の話で、主治医の言うように何も職場のことは考えなくてもよいのです。

しかしながら、わがままなことは承知。性格上はひぐらしとはちょっと違うかもしれませんが、妄想が勝手に先走りタイトルのように疑心暗鬼になってしまいます。こんな仕事を放り出してって。。。

ああ、もう1ヶ月半以上経つのに、職場の記憶は10月半ばのままで、まだ気にしています。

 

うーん。同じこと書いてる。なんとか、このマイナス思考ループを断ち切らなければ!!

 

10日も経ちますが同僚の言葉を慎重に選んでくれた現状と心配はしなくて大丈夫というメッセージが最新で、これだけが救いになっています。。。

 



スポンサーリンク