読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



洗濯干し、気持ちの変化点

アスペルガー症候群(ASD) カサンドラ症候群 重要項目

現職に就いて忙しくて洗濯なんかもやってなかった。

やり玉に挙げてしまい申し訳ないが、カサンドラ症候群を知ることになった、とあるブログの内容で、旦那の選択干しの仕方にブログ管理者の妻であるの筆者は憤慨していました。

洗濯モノを密にくっつけたら、乾かない。10回言ってもわからない・覚えない。との主張と私は捉えました。

おいらの視点は、まずアスペはルール化できないものは何回言っても憶えらない。

経験してルール化されれば、ロボットのように寸分たがわずそれをこなす。

まあ、周りから見れば両極端迷惑以上のなんでもないのでしょうが。。。

 

最初のほうの断り書きに、当事者はこないでくださいと。アスペ夫に疲弊する同じような妻の方々との語り合いがしたいとのことです。

ブログもちょっと入組んでおり、半分が友達承認しないと見れません。

相当な「当事者」や「擁護派」の攻撃があったのでしょう。

嫁さんの文面の分析によると、座右の銘にして良いくらいの言葉と言うか思想が。

かなりの高等教育を受け、さらに教育関係の仕事をなさっているであろうとのこと。

しかも、見られるところの記事で内容は間違っていない(もともとは育児ネタ)。

 

まあ、ここの意見の相違で例のケンカが始まった訳ですが。

・他人の意見に左右されすぎ(言葉を真に受ける)

・見ないでくださいというなら見なきゃいいのに(頑固、スルーできない)

・気持ちを切り替えられない(臨機応変さに欠ける)

等々、後で考えればアスペ夫で思い当たる節がいろいろとあるわけでして。

極めつけ「そもそも洗濯干しとかしてくれないんじゃん」(ストレスになるからと言われそうで言わないけど、が理由)。

これはぐうの音の出ませんでした。直後、私のいわゆる必殺「むくれる」が出てしまいその夜は就寝。

次の朝、嫁さんの元気でもなく不機嫌でもない「おはよう」で、わたしも思うところあり「おはよう」と返せました。

 

ここがきっかけです。タイトル変えたのも、まだ変わっていないけどアスペの欠如したところは仕方ないけど、残った部分で考え方変えようと。苦労をかけたていたことにやっと気づいて、譲歩(という言葉は上から目線で申し訳ないが)とか歩み寄りをしてみようかと思った次第です。せっかくの歩み寄りの行動が空回りしてる最中ですが(笑)

 

このブログも当初、自分のことだけで精一杯アピールだったけど、ちょっと違うなと気づきました。軽度(と自分は思っている)アスペが何ができるか?

折角、自分の気持ちも文章化できてストレス発散になり、ネットを通じて嫁さんにも伝わっていて一石1.5鳥ぐらいなんですが、心の余裕もできてきたし、カサンドラにとらわれることはないけど、気づいている夫の側が居てもおかしくはないばずだぞって!

 

ここ1週間くらいのタネ明かしでした。

 



スポンサーリンク