読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



仕事復帰に向けて分析

アスペルガー症候群(ASD) カサンドラ症候群 考え方を変える材料

嫁さんはもちろんおいらがアスペルガーであることも知っているし、主治医曰くの書籍とかの例には当てはまらないおいらなりのパーソナリティも知っています。

先の記事にもある、後先考えない発言以外は基本的に対処できるみたいです。

真に受けるから冗談は言わない。言うときはわかるように言ってくれる。

 それでも真面目に答えるおいら(笑)それは違うよ~って

・おいらにやって欲しいことは事前に2,3度言ってくれる。

 さらに曖昧さをできるだけ避け、具体的に。ダメ押しで寸前で。

 具体性が増すとおいらも指示を記憶できる。曖昧だとメモして

 ない限り忘れてる。メモも基本的にToDoリストを作るとき以外は

 見返さない。

・嫁さんが忙しそうで手伝って欲しいときには「手伝って」と

 言ってくれる。手伝おうか?なんて普通のダンナのようなことが

 考えられない。悪気はないのだ。雰囲気・空気が読めない特性のため。

・基本的に手伝うのは、嫁さんの両親も含めて技術的問題が発生

 したときの対処。電気関係以外も男手が必要なときなどは、

 問題の分析から、自分で直せるかの判断の一連のフローはできている。

 得意分野のため持っている引き出しの数だけ代替案も含めて

 全力で直そうと頑張る

 

周囲に向けてのお願い案(特に事務系):相手、:自分

・まずは、私のパーソナリティを理解されなくても知ってもらう。

・依頼、指示の内容にできるだけ具体性を入れてもらう。

 成果物納期、(私の持ち合わせていない成果であれば)手順

・並列処理(複数の仕事が重なっているときに)の順位付け

 自分としては、どの仕事がどの程度進んでいるか知らせ

 なければならない。

進捗をチェックしてもらう。

 行き詰ったり、わからなくなったりした時点で聞く・相談に行く

 

まだまだ、あるけどとりあえずは手始めに。

RedMineとか工程管理ツールは最初は面倒で、みんなやらなくなっちゃったけど自分他人の工程や進捗が見え、ファイルも添付でき、メモやHowtoなどもくっつけられるから良さそうだけど、製造ラインとか向きで単発の事務・経理作業には向かないだろうな。

Redmine.JP — Redmine日本語情報サイト

 



スポンサーリンク