読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



今日は前半戦すでにパニック気味 その2

アスペルガー症候群(ASD) 考え方を変える材料

つづきなので最初を見てない方はこちら

 

さてまずは、自分視点で書きます。ほとんどASを盾にした言い訳。

・臨機応変さに欠けるので例外処理は苦手

・瞬時に仕事全体像を見渡した判断は無理

・失敗を恐れる、よって1つの仕事を完璧に

・脳は1個しかないんだから、時間的並列する仕事は困難

・矛盾が生じたときは処理が止まる

・恨み節を言われるくらいなら、人に振らずに

 自分で処理する。でもペンディング(棚上げ)

まだまだありますが、自分で書いていても、こんな人間だったら使いたくない、付き合いたくないって客観的に思いますよ。

 

かなり脱線しましたね。現実世界に帰りましょう。

まず、私にとって本日のメインイベントはクルマの点検に行くこと。

2週間前に日時が決められた予定で、私はただクルマを整備工場に持っていき1時間もかからず6ヵ月点検を待つだけ。ただ、パニック障害(PD)の名残なのか、強迫観念なのかわかりません。15:00に遅れたら整備工場にも他のお客さんにも迷惑がかかるんじゃないか?と昔ほどではないですけどずっと引っかかっていました。

といって次の記事で再掲しますが、その後の嫁さんや家族にリンクした予定はあまり問題にしてないのです。言いかえれば世間体を気にした自意識過剰なのです。

 

ここで昨夜に問題がありました。

長男くんが、学校の先生に「悪くないのに不本意に叱られた」ということで、寝る前に学校行かない宣言をしておりました。私の家庭教師でもグズグズ。

私が休職で休んでいる影響もあり、「とにかく行く」ではなく「登校しないで良い」選択肢があることを憶えてしまいまったようです。

起床が30分繰上がっているのは対策要員として私が必要とのことです。

 

つづく。

 

 

 



スポンサーリンク