読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



自己検証:私の特性「むくれる」

アスペルガー症候群(ASD) 考え方を変える材料

f:id:multiplier:20141204135739j:plain

1.症状

昨日の長男くんを見て、自分を思い出しました。思春期の感情のコントロールが効かない例の1つです。

何か怒りのスイッチが入り、特定の相手に対して一方的な「冷戦状態」に入ることです。

・行動として、基本は無視です。話しかけない、話しかけられても答えない、

 その人が来たら立ち去る、近寄らない、などなど

・期間として、3日~3ヵ月以上

2.原因と弊害

以前の記事にも書いていますが、アスペルガー(AS)というより発達障害の3要素、想像力に関する特性の悪い面で

・頑固な面がある

・臨機応変さがない

・融通がきかない

が直接的原因です。

弊害としては、その場の怒りが収まるときがほとんどなのですが、相手の直後の行動や言動などで、怒りのスイッチが入りっぱなしとなってしまい症状を引き起こします。

もう1つ、自分でそのスイッチを切る方法やタイミングが見つけられない。もう、そんな絶縁関係のような状態でないことはわかっている、譲歩さえもしたいのに自己顕示欲が邪魔をして、あえて自分からやめることが困難ということです。さらに、自分で起こしておきながらストレスがたまり・疲弊しています(笑)

3.対象人物

彼女時代の嫁さんをはじめ、大学の同期、サークルの友人、研究室の後輩、先輩などです。就職してからは結婚もしてこの「むくれ」症状は出なくなりました。 

4.終了条件

偶発的に終わります。

これは良い傾向かもしれませんが、私の基本は平和主義なのでイザコザは好みません。そのため、症状が起こってしまってからすぐに後悔します。

本当に恨みや仕返しをしたい人間や集団は、この歳になっても少々いますがこれについての考察は別途。

すでに譲歩の気持ちがあるので、物理的距離を置くことはやめています。何らかのグループで話をしていたときに会話ががかみ合うときがありそのまま無かったかのように関係がもとに戻ります。相手から話しかけられたとき、冷戦状態であることを忘れていてそのまま答えちゃったときとか(笑)相手にも相当気を遣わせているんですけどね。

5.まとめ

「むくれる」症状すでに治っております関係する特性があるので紹介しました。自分の感情をコントロールできないだけでなく、その後の自分で作った壁に対する人間関係修復に手だてがないことに苦労しました。2.の3つ(頑固、臨機応変さがない…)の特性をどう補うかが課題です

 

 

他のブログを見まして、読み手を意識して、章建て形式にしました。最初のイメージ写真は人物素材を扱う会社から使用承諾を得たものです。



スポンサーリンク