読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



こんにちは

パニック障害(PD) ブログ一般

もう昼ですね。

昨夜、長男くんの連立方程式の文章題を中心に(中学なんで二元一次です)教えていましたが疲れもあって今日に持ち越し。

誘導問題であればすでに最初の問題でやられているのですが、小問に分かれていない場合、何の物理量を2変数を何に当てるかが最初の難関になります。

私立の難問でなければ、求められている答えを変数にしてしまえば立式可能です。

何パターンかあり、時間・距離・速度にかかわる問題、と私も当時苦戦しましたが食塩水の濃度問題が難しいですね。

 

さてさて、今日は普通に行けていた定期診察。2週間経つのですね。

妙な知識をつけてしまったこと。主治医の病名を断定しない治療に疑問を覚え、納得はできますが、なんかタネ明かしされちゃって、こっちが合わせなきゃいけないのかなという余分な思考に困っています。朝から急にPD気味になりました。昔は病院に行けば治まるPDが、逆に行く前に出るとは何を不安に思っているのでしょう?

朝、昼の薬は飲んだので発作や抑うつ状態までは行きませんが、なんだか安定しません。

 

気晴らしに、今日は私の特性を2つほどまとめたいと思います。

 



スポンサーリンク