読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



自己検証:私の特性「集中」

アスペルガー症候群(ASD) 考え方を変える材料

f:id:multiplier:20141205124126j:plain

1.私の集中・没頭の概要

以前、熱しにくく冷めやすいと書きました。勝手に図にしてみました。

f:id:multiplier:20141205130334j:plain

仕事と趣味などを混同して描いてます。

仕事においては、普通の人は指示があったら、他の業務との折り合いをつけ計画的に仕事量もうまく時分割して納期前には終わらすでしょう。仕事において俗にいう「熱しやすく冷めやすい人」ってよくわかりませんね。スキップします。私の場合です。わざとアスペ+熱しにくく冷めやすいと表現しました。なかなか仕事を始めません。納期が近づきヤベッと思って一気に徹夜してでも終わらせます無計画でその場しのぎです。

趣味などにおいては、普通の人は割愛します。「熱しやすく冷めやすい人」は興味をもった瞬間に行動を始め満足したら一気に冷めます。この人たちも性格的にはそれほど問題ありません。私の場合は、どこでスイッチが入るか分からなく、急に昼夜問わず没頭し始めます。他に興味のあるものが出ると一気に飽き、冷めます。

2.効果

主に仕事における効果です。会社的には健常者である普通の人のように、早めに業務を始めてもらって納期に余裕を持って終わらせ、さらに他の仕事も両立させつつこなす人が良いのでしょうね。私の場合です。なかなか重い腰が上がりません。一旦仕事に入ればものすごい集中力でそれをこなします。納期ぎりぎりで終わらせます。ここで、仕事量をみてみます。行動した部分の面積と考えてください。私の場合、いつもそうとは限りませんが、必要以上の仕事をします。ということで面積も大きいです。結果は、必要ないものであったり、時にはその集中力で新しい発想の成果も副産物で生み出している場合があります。

気分屋さんなんですね。上司にとっては迷惑ですが。研究者向きなのかもしれません。もちろん研究者にも計画性や他の人との協調性も必要です。

3.弊害

私に限ってですが、多々の周りや自分自身への弊害を生じます。まず、集中しているときには、周りが見えないこと。仕事では、他の業務が完全に止まります。趣味においては、他のやるべきことを忘れたりやらなかったりします。別の特性説明にしようか迷ってますが「並列処理」が下手です。TVとか動画とか見ているときに話しかけられても気が付きません。悪気はないんですよ。これは発達障害に共通してみられる症状のようです。以上が外面的なモノ。

内面的には、あまりに没頭しすぎて、飲み食いもせず睡眠時間も気にせず行動します。その結果、人間である以上、体を壊します。今回の私のようで、身も心も自分で壊してしまい休養が必要になります。周りからすれば迷惑な話ですよね。ここでも「今日はこれくらいにしておこうか」という止め時がわからないのです。

4.まとめ

集中力発動の時期があいまいで計画性がなく、イノベーションの効果も若干ありますが自分で体を壊すまで行動するのは本末転倒になりやすいです。並列業務や家族とのコミュニケーションそっちのけなので、周りは迷惑千万です。もちろん私に限った話ですよ。

 

逆に不思議なのが、時間の有効活用する嫁さんです。録画してあったドラマを見ながらノートPCでブログを見たりや情報収集しています。ドラマのほうで伏線的な映像が出たのにTV画面は見ていないので、見逃したぞって指摘すると、うざがられます。ドラマはあくまで娯楽であって情報が欠落しても別に関係無いというスタンスです。ただ、音声には敏感で、重要なことが聞こえたら10秒戻しで聞き直しています。さすがた!



スポンサーリンク