読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



自己検証:私の特性「平和主義」

アスペルガー症候群(ASD) 考え方を変える材料

f:id:multiplier:20141205143341j:plain

1.私の平和主義

私の平和主義は狭義なもので、世界平和とかたいそうなものではありません。嫁さんにはかなり憎まれてますが(汗)外面的には「良い子ちゃん」でいたいのです。そこで、イザコザや争いごとを自ら望みません。ドラマ・映画のケンカのシーンとか、全体ストーリー上、必要であってもあまり良い感じがしません。いくら指導力があっても口が悪い人は近寄り難いです。

ただ、自分に危害を加えた人が悪いことを指摘され言い合っているところや、(自分でわかる範囲)でマナーを守らないのを注意されて逆ギレして騒動になっていることに関しては、「もっと懲らしめてやれ」という非常に卑怯な自分がいることは問題ありと感じています。

「むくれる」でも説明しました。突発的な怒りの感情をコントロールできずケンカの方向に走りがちですが、すぐに後悔します。

2.悪い人・嫌な人になれない

上司でも部下でも、指導する後輩や学生さんでも、強い調子・すごい剣幕で迫られると自分の正しいと思った意見も(自分なりに考えた)「場」がこじれるので、一旦持ち帰ります。

私に限ってい言えば、アスペといえども経験は積んでいるので、まったく全体が見渡せない訳ではありません。明らかに方向性が間違っていることを指摘する勇気がないのです。なぜなら、反感を買い嫌われたくないから。論理立って説明するばわかってくれる場合もあります。でも、できません。疲れます。ストレスです。

よって、私は、嫌われ役が伴う「上司」や「指導者」には向きません。これは先天的なアスペなのか後天的な親の教育、イジメの恐怖によるものなのかはわかりません。

3.嫁さんは例外(でした)

なぜでしょう。嫁さんだけには泣かれたりしても「ごめんね」が言えません(でした。にしたい!)。彼女に対しては妙な上から目線的な自信があるのでしょうね。かなりヒドイこともしてきたし、言ってきたし、別れられても仕方ないくらいなのに。聞きわけが良いから?甘えられるから?

実は、嫁さんのほうが一枚上当てで、早くから私の特性を見抜き私をコントロールするすべをを会得して使っています。それに気がつかないのは私だけでした。

ただ、突発的な感情による行動は、彼女自身も予想がつかないらしく、かなり迷惑をかけストレスを与えてきたと思っています。今後は意見をもらいながら自分なりに考え方を変え謝罪の念や支えてくれた恩を返して行くのが努めです。

4.核心とまとめ

私は良い子ちゃんぶる割に実は卑怯なのです。嫁さんを始め周りは、すでにお見通しなんでしょうが、上っ面を気にします。それはボキャブラリーのなさと論理の組み立てが下手で意見できない自分を知っていて、自己主張するのが怖い臆病モノです。

たまに、怒鳴り散らしている人を見て、人間を見抜くことができる同僚・上司などが「あいつは実は肝っ玉が小さい臆病者だな」と落ち着いて言います。私にはその能力がありません。外面だけを見て恐怖し、冷静に判断している暇がないのです。それも手伝ってか私は「上司」には向かないと思います。

せめて、嫁さんだけにはパートナーとして対等に接し、子供たちには良いお父さんとして一緒に暮らして行きたいと思ってます。



スポンサーリンク