読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



睡眠時無呼吸症候群(SAS)のCPAP治療

疾患その他

アスペルガーによるうつ病休職中ですが同時にタイトルのSASの治療を受けています。

ブログタイトル下にも書いてありますが、私に限った話でメンタルに限らず、何か気になる・思い当たる節がある場合は、医師の診断を受けてくださいね

 

症状は、昼間、仕事中、会議、休みでTVを見ているときなど、急に眠気が襲い、そのまま居眠りしてしまうことがあります。業務には集中力どころか席にもまともに座ってられないので、トイレで5分ぐらい仮眠してたこともありました。

 

家では、配偶者や彼女・彼氏などのパートナー、親がいる場合は、指摘されるので発見が早いです。「いびき」と数十秒から数分の「無呼吸」が見られます。本人は気づかないので。。。

直接的な原因は、太り気味で鼻奥やのどの筋肉肥大による気道がふさがれてしまうことです。

睡眠時に十分な休息が取れないだけでなく、血液中の酸素濃度も低くなり、深呼吸のあくびでは到底まかなえない酸素不足が眠気につながるようです。

まずは、家で寝るときに機器を自分で取り付けて、呼吸や、いびき、血中酸素(正確には動脈血酸素飽和度SpO2)や心拍数を一晩中データを取って後日それを分析してもらい、さらに詳細なデータが欲しい場合には1泊2日でPSGという心電図や脳波まで詳しく取る検査をしてから最終的な判断がされます。

間違えられやすい症状で、中枢神経が原因とされるナルコレプシーで悩まれている方も多数いらっしゃいます。治療法が全然異なるので、医師はまず、ここの判断を正確に行うようです。

 

私の場合は、最初は「睡眠障害」を扱っている耳鼻科で診察を受けました。その時はあまりひどくなく、ただいびきはひどかったようで、半分気道をふさいでいるようなものだし、いびきをかくこと自体が逆に疲れると言われ、「根本的」な原因:太っているを解消すべき治療は「やせてください」でした。

 

ただ、CADを使いますから基本デスクワークです。ストレスで間食が多くますます悪い方向へ。

昼間の眠気がもう我慢できないので、ついに睡眠科がある病院にかかりました。

 

つづく。

 



スポンサーリンク