読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



復帰手続き:自分と他人

うつ病 考え方を変える材料 アスペルガー症候群(ASD)

昨日、ちょうど復帰予定の1ヵ月前で上司からのメールが来ました。

主に復職手続きに関して。会社の転送メールは気持ちが引っ張られるのであまり見ないようにしている(というかそういう指示)がチェックはしています。

 

休職に入るときのドタバタから、主治医の指示もあり嫁さんを通して会社とのやりとりは緊急時を除いて無し。連絡を取る場合は嫁さん経由という主治医の提案もあり面会謝絶状態。

籠れたのは、モチベーション壺のチャージとストレス壺を空にするには良かったのですが、情報が無いと疑心暗鬼に陥ってしまって一長一短。

 

最初、毒づいていたように何もかもが気に障る状態でした。

今回のメールも、やはり事務的とはいえ、すっきり文面を解釈できない自分がいます。

一日かけた現状報告と返信文面。

事務的文章を裏読みするおいらに対して、嫁さんのお言葉、

「○○ちゃん(おいら)は今回時間をもらって考え方が変わりつつあるかもしれないけど、その人は2ヶ月ずっと仕事をしてきて何も変わってないし、その人のパーソナリティも変わらないから、いくら説明しても伝わらないことは伝わらないんだよ。

ああ、この人はこういう考え方なんだ、って思うしかない。相応の対応をしなきゃ。

その人は○○ちゃんじゃないんだよ。」

さすが、心は健常者の嫁さん。心をまっさらにして書き直し返信。

 

どうも、他人を他人として考えられない自分がまだ居るようだ。。。



スポンサーリンク