読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カサンドラ嫁の原因アスペ夫の私が何をすべきか?

アスペ技術者・カサンドラ症候群の嫁さんの原因夫が何をすべきか?と理系寄りの雑多な話題をつらつらと…

カサンドラ症候群は、アスペ(ASD)のパートナー、特に夫を持つ奥様方が人間関係欠如などかみ合わない夫婦生活に疲弊した心身的な障害(うつ病など)を指しますが、米国精神医学会では、まだ正式には認められたものではないようです。
ブログ管理者が「アスペ」と40代で診断され自身も驚きでした。さらに嫁さんがカサンドラで疲弊しているのを気づいてはいるのです。そこで、どうしたら発達障害の限定された私の思考フローの中で歩み寄りができるか?を考えていくブログです。といっても最近は自分のことで精いっぱいです(笑)主な遍歴は「重要事項」のカテゴリーを見てください。
発達障害・メンタル系のお話が出てきます。薬や症状、対処法が書き込まれています。これはあくまで個人の対応・意見であって参考にしていただくのはうれしい限りですが、正式な診断・処置はしっかり医療機関で医師の指示に従ってくださいね。
最新の米国精神医学会の精神障害の診断と統計マニュアル(DSM)の5では、アスペルガー症候群の呼称は無くなり「自閉症スペクトラム(ASD)」に分類されています。ASDはADHD、LDなどと同様のクラスの発達障害(生まれつきの脳の障害)で治りません。発症時期、程度、症状もいろいろですが本人も周りの人も対処法による理解が必要です。

「技術中心・時事ネタへ言いたい放題」は こちらへどうぞ。



今日は日曜日

ブログ一般

雪が残って外は寒い状態。

双子の片方が喉に口内炎ぽいのができていてサッカーお休みさせました。

長男くんの数学がね~。三角形や四角形の辺を動いていく「動転」を1頂点にする三角形の面積で、最後のコーナー(頂点)を曲がったところで面積が減って行くところの式が立たないのです。一次関数の文章題ですね。「わからない」と言うだけ成長しましたが。。。

残り物作戦。いままで通ってきた道のりは、四角形だろうが星型であろうが、xだと。(動く速度が毎秒2cmとかだと2xになっちゃうけど)。じゃあ、最後まで到達する全行程の道のりは?大概直角になっているんで、定数の足し算。

じゃあ、三角形の底辺(または高さ)になっている動転と最終地点までの長さは?

「全行程の道のり-いままでの道のり」

ということでやっと理解してくれたようです。

「何がわからないのかがわからない」のは一から教える必要がありますが「ここの辺の長さの求め方がわからない」となれば、手を変え品を変え教えようがあります。

脱線します。学生実験補助をやっていたときに、コンピュータの基礎みたいな命令や数値をスイッチでメモリICに格納していき、それが実行される様子を考察するのをいつも担当していました。昔は必修だった計算機の基礎みたいな講義が選択必修になって、CPUのモデルを全然知らない学生さんに教えるのは一苦労でした。「この実験の目的がわからないし、どこから手をつけて良いかわからない」と。習うより慣れろなので、教育用基板のスイッチをいじってもらってから、2進数、メモリ、ALU、レジスタ、フラグ、分岐などをステップ実行でCPUって「こういうものだ」と教えるしかなかったですね。CPUにはフラグがないものやレジスタが無いものも存在しますが、実験なんでポピュラーな構造がこれだ!と決めて教えるしかないです。脱線終わり。

で、トータル4日かかってわかってもらいました。参考書や塾のテキストでは、サラッと三角形の底辺(または高さ)の式が「16-x」とか書いてあります。

長男くんはx秒後なのになぜxにマイナスがつくのかに引っかかっていたようで、先の「残り物」で説明したらようやくわかってくれたようです。

当然と思うことが他人には疑問に思うことは常にあるのは考慮しておかなければいけませんね。



スポンサーリンク